ニッキー・ミナージュ、スティーヴン・タイラーに激怒

ハリウッドニュース / 2012年11月27日 12時35分

「アメリカン・アイドル」の新審査員のニッキー・ミナージュ (c)Hollywood News

歌手のニッキー・ミナージュが、ロックバンド「エアロスミス」のスティーヴン・タイラーにツイッターで激怒した。

オーディション番組「アメリカン・アイドル」の審査員を務めるニッキーは、先月同じく審査員を務める歌手のマライア・キャリーに収録中激怒し、Fワードを連呼するという騒動を起こしていた。

この騒動について元審査員のスティーヴンは、音楽情報番組「MTVニュース」のインタビューで、もっと仲間意識を高めるべきだとアドバイス。さらに、「もし、ボブ・ディランが(オーディションに)参加していたら、ニッキー・ミナージュは彼をとうもろこし畑に送っていただろうね」とコメントした。

しかし、ニッキーは彼のこのコメントに激怒。ニッキーは自身が黒人系ラッパーであることから、とうもろこし畑という言葉を農場で働かされていた黒人奴隷のことだと考え、自分に対する差別用語だととらえたようだ。ちなみにボブは白人で、とうもろこし産業が有名なミネソタ州出身である。

ニッキーは自身のツイッターに、「人種差別的なコメントよ」「私がボブ・ディランを好きにならないとでも思ったの??? なぜ? (私が)黒人だから? ラッパーだから? 何? 1人でXXXXしてろ。自分のことを心配しなさいよ、ベイビー」とツイートしている。

さらにニッキーの怒りは収まらず、「有色人種はお断り」というTシャツをスティーヴンに着せようと冗談で提案したり、彼が同番組に出演したことでばかにされていたことがあったのにもかかわらず、新しく審査員を務めることになった自分(ニッキー)を今度は逆にばかにしていると非難したりした。

スティーヴンは、審査員のニッキーが才能あるボブを家に帰してしまうだろうという意味で言ったのだろうが、黒人系のニッキーにとって「とうもろこし畑」はデリケートな言葉だった。しかしニッキーが激怒したことで番組の注目が集まり、人々は彼女が今度はどんなことをしてくれるのかと来年16日から始まる同番組をワクワクしながら待っているだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング