ドリュー・バリモア、コスメラインへの想いを語る

ハリウッドニュース / 2013年1月28日 11時45分

ドリュー・バリモア、米スーパーチェーン店「ウォルマート」でコスメ発売 (c)Hollywood News

女優のドリュー・バリモアが、コスメライン「Flower」をプロデュースし、その想いなどを語りました。

プロデュースのきっかけについてドリューはゴシップ誌「ピープル」のインタビューで、「私は6歳のころから椅子に座ってメイクアップしてもらっていたの。だからメイクルームは大好きだったわ。女性がメイクによってパワーを与えられたり、変身したりする姿を見てきたの。私は常に、映画の中でプロからメイクやファッションを学んできたわ。Cover Girlで6年間クリエイティブ・ディレクターをしてきて契約が終わった今、例えるなら大学を終えて、これからそのスキルで自分が何をできるのか試してみたいっていう気分になったの」と、コメントをしています。

また、どのようなプロセスで開発をしているのかという質問にドリューは、「ほかとは違う商品を作ろうと思って何度も壁にぶち当たったわ。何度も色のテストをしたりしながら、値段との折り合いをつけているわ。マーケティングにはお金をかけないで、お金が人の手に渡るようにしたいの。それが私のやりたいことだし、私が変えていきたいのよ」と、インスピレーションも大切にしているようです。

コスメライン「Flower」は、今月からアメリカのスーパーマーケットチェーン店「ウォルマート」と、ウェブサイトWalmart.comで発売されました。

試行錯誤を繰り返しながら出来上がったコスメライン、人気が出そうですね。【フェスミィ 松尾】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング