シャロン・ストーン、映画最新作で56歳とは思えない美貌を披露

ハリウッドニュース / 2014年6月28日 17時30分

56歳とは思えない美貌! シャロン・ストーン (C)2013 Zuzu Licensing, LLC. All rights reserved

個性派俳優ジョン・タトゥーロと巨匠ウディ・アレンのダブル主演作『ジゴロ・イン・ニューヨーク』(7月11日日本公開)で、女優のシャロン・ストーンが56歳とは思えないほどの美しさ・妖艶さを醸し出している。

本作でシャロンが演じるのは、ジゴロビジネスをはじめたフィオラヴァンテ(ジョン・タトゥーロ)とマレー(ウディ・アレン)にとっての最初の顧客となるパーカー医師。彼女は裕福で成功し、絵に書いたような完璧な結婚生活を過ごしている。

しかし、監督も務めたジョン・タトゥーロが「彼女は何もかもを手に入れていると思うかもしれない。しかし、彼女は籠の中の鳥のようなんだ」と語るように、慣れ切った世界から飛び出すことで、自身を自由にする必要があると感じていた彼女は、フィオラヴァンテに出会う。そして、彼は彼女の中にある“女性”らしさを呼び覚ましていくことになる。

パーカー医師を演じたシャロンは「彼女はまだ開花していないつぼみのようなの。彼女は自分でも閉ざされたような状態にあることは分かっていて、だから、フィオラヴァンテに自分の人生に入ってきてくれるようにマレーに頼むのよ。彼女の心を開く手伝いをしてくれる誰かが必要なのね。自分自身が開花し始める頃って、自身をさらけ出すことがとても不思議な感覚で様々な感情が沸いてくるの。誘引力、嫉妬、感嘆、希望、“ああ、私ももしかしたら魅力的になる方法を知っているかもしれない”という気持ち良さ、そういう全てが彼女にとって大きな喜びなのよ。だって彼女は50歳で、20歳じゃないのよ。たとえいくつになっても新しい自分自身を発見するということは、とても感動的だわ」と語り、美貌から溢れ出る妖艶さを交え、人生の分岐点を迎えた彼女の心境を演じている。

この年齢にしてこれだけセクシー魅力を持ち続けるシャロン。こんなふうに年を重ねられたら…と憧れる女性は少なくないだろう。

■『ジゴロ・イン・ニューヨーク』
7月11日(金) TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開
(C)2013 Zuzu Licensing, LLC. All rights reserved【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング