ザック・エフロン、ロサンゼルスのダウンタウンで口を殴られる

ハリウッドニュース / 2014年3月28日 9時30分

イケメン俳優のザック・エフロン (c)Imagecollect.

俳優のザック・エフロンが、現地時間23日にロサンゼルスのダウンタウンで口を殴られていたことが分かった。

警察官はその日の午前2時半頃にダウンタウンの治安の悪いエリアで複数の人々がけんかをしているのを発見。警察はけんかを止めて、何があったのか事情を聞いたとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。そのけんかの中にいたのはザックとボディーガード。彼は警察の質問に、ガソリンが無くなってしまったために、ボディーガードと共に車の中でレッカー車が来るのを待っていたと明かした。ザックたちはレッカー車を待つ間にボトルを窓から投げて、そのボトルが近くにいた何人かの人たちに当たってしまったために、そのグループが怒ってしまったと説明したそうだ。

ザックが話すには、グループの中の2人がボディーガードに暴行を加えたので、彼も車から出て助けようとしたが、口を殴られて、倒れてしまったという。ザックは「今まで人生で殴られた中で一番すごかった」と明かした。警察官はこの出来事をただのけんかであるとして、誰も逮捕することはなかった。また、誰も病院に運ばれていない。

ザックといえば、昨年11月に自宅の水たまりにすべって転び、あごの骨を骨折。深い切り傷もできて、縫うけがをした。

ザックは今回の出来事で大きなけがはしていなかったようだが、もう口を強打するのはこりごりだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング