孤高のヴァイオリニスト、デイヴィッド・ギャレットが新作「ミュージック」をリリース

ハリウッドニュース / 2012年11月28日 10時50分

デイヴィッド・ギャレットのニュー・アルバム「ミュージック」 提供:ユニバーサル・ミュージック

クラシックとロックをクロスオーバーさせる孤高のヴァイオリニスト、デイヴィッド・ギャレットがニュー・アルバム「ミュージック」をリリースする。

本作でも、前作「ロック・シンフォニー」の流れを汲むようなロックチューンがアレンジされていて、コールドプレイの「Viva La Vida」、マイケル・ジャクソンの「Human Nature」、クイーンの「We Will Rock You」、ガンズ・アンド・ローゼスの「Welcome to the jungle」などのヒット曲を、デイヴィッドが流麗なヴァイオリンで奏でている。

また、「Whole Lotta Bond」というタイトルが付された曲は、その名の通り、レッド・ツェッペリンの「Whole Lotta Love」と映画『007』のテーマ曲の合わせ技が見事な一曲だ。このほか、王道のクラシック曲も随所にちりばめられ、ギャレット流のロックでクラシックな世界を堪能できる。

今作には、大物プロデューサーのデイヴィッド・フォスターや超高速の超絶技巧トランペット奏者のアルトゥーロ・サンドヴァルが参加している。

5億円の名器ストラディバリウスを操る、欧米で絶大な人気を誇るデイヴィッド・ギャレット。その強烈なサウンドをしっかり聞いてみよう。

●デイヴィッド・ギャレット「ミュージック」
11月28日日本発売
【SHM-CD+DVD】スペシャル・エディション
価格:3300円(税込) UCCL-9065
【SHM-CDのみ】通常盤
価格:2600円(税込) UCCL-1160【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング