ショーン・ペン、元妻マドンナのコンサートで大興奮

ハリウッドニュース / 2012年10月28日 12時30分

マドンナと結婚していたことがあるショーン・ペン (c)Hollywood News

52歳の俳優ショーン・ペンが、アメリカ時間10月11日にロサンゼルスで行われた元妻である54歳の歌手マドンナのコンサートで、めいいっぱい楽しんでいる姿を目撃された。

「US・ウィークリー」誌によると、ショーンはコンサートの最前列に陣取り、パフォーマンスを披露するマドンナに対して、「素晴らしい!」、「彼女はとてもセクシーだ!」と、興奮した様子で叫び続けていたようだ。その場にいた目撃者は同誌に、「2人のケミストリーは最高でした。マドンナはショーンだけのためにパフォーマンスをしていたように見えました」と語った。

ショーンとマドンナは1985年に、マドンナの人気曲「マテリアル・ガール」のPVの撮影現場で知り合い、交際を始め、その数か月後に結婚をした。マドンナが1986年にリリースした第3番目のアルバム「トゥルー・ブルー」は、当時の夫であったショーンにインスパイアされてできたものだと言われている。

2人が共に短気な性格をしていたことから、口論が絶えなくなり、1989年に離婚をすることになった。2人を知る関係者は、「彼らはまるで炎のようで、当時のロマンスも燃え上がっていました。しかし、マドンナは彼女がコントロールできる男性でないとだめだったのです」と話している。

ショーンとマドンナは離婚後も親しい友達の関係を続けていたという。知り合ってからすでに27年が経つが、ショーンにとって、コンサートで歌うマドンナは当時から変わらない、光り輝く存在であったに違いない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング