ジュリアン・ハフ、ハロウィンで黒人のキャラクターの格好をして謝罪

ハリウッドニュース / 2013年10月28日 15時30分

美人女優のジュリアン・ハフ (c)Imagecollect.

女優のジュリアン・ハフが現地時間27日、ハロウィンのコスチュームについて謝罪した。

ジュリアンは現地時間25日に、ビバリーヒルズで行われたハロウィンパーティーに出席。彼女はテレビシリーズ「Orange Is the New Black」のクレイジー・アイズとして知られるキャラクターの格好で登場。クレイジー・アイズは黒人女優のウゾ・アドゥバが演じる髪の毛を複数で束ねた囚人で、ジュリアンは髪の毛を複数に束ねて、顔を茶色のファンデーションで塗り、囚人の格好をしたのである。

しかし、その格好が一部の人の反感を買ってしまい、ジュリアンはツイッターで、「私は『Orange Is the New Black』、ウゾ・アドゥバ、そして彼女が作りだしたキャラクターの大ファンです。誰かを侮辱したり、傷つけるつもりは決してありませんでした。私のコスチュームが人々を傷つけ、怒らせてしまったことに気づきました。本当に申し訳ありませんでした」とつぶやいている。

ジュリアンは素直にクレイジー・アイズのファンのだけだったようだが、白人である彼女が黒人の格好をすることは一部の人にとって不快なことになってしまったようである。人種に関する問題はとてもデリケートなことなのだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング