オーウェン・ウィルソン、新作アクション映画への出演が決定

ハリウッドニュース / 2012年4月29日 20時40分

アメリカ人一家の家長を演じることが決まったオーウェン・ウィルソン (c)Hollywood News

俳優のオーウェン・ウィルソンがアクション映画『ザ・クープ』(原題)への出演が決まった。

近年は比較的コメディー作品などに出演することが多かったオーウェンは本作で、東南アジアで激しいクーデターに巻き込まれるアメリカ人一家の家長を演じるようだ。

米・エンタメ情報サイト「Deadline」によると、ホラー作品『デビル』(11)のジョン・エリック・ドゥードル監督が同作のメガホンを取り、弟のドリューと共に脚本を執筆したとのことだ。

今作の製作を担当するクライム・シーン・ピクチャーズは、「我々はドゥードル兄弟の脚本から感じられる絶え間ないエネルギーをとても気に入っています。それに、オーウェンを混乱のど真ん中に放り込むというアイデアも本当に素晴らしいですよ」とコメントしている。

さらにプロデューサーのスティーヴ・アレクサンダーは、「最初にドゥードル兄弟の脚本を読んだとき、家族を守るという点で、どんな親でも理解できる根本的な恐怖心へと引き込まれました」と話した。

昨年、恋人のジェイド・デュエルさんとの間に子供をもうけ父親になったばかりのオーウェン。その父としての経験が、一家の家長を演じるこの作品で活かされることだろう。【西成 ダイゴ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング