2012年に亡くなったハリウッドの偉大な人々(後編)

ハリウッドニュース / 2012年12月29日 10時32分

素敵な笑顔を持っていたマイケル・クラーク・ダンカンさん (c)Hollywood News

(前編より続く)――そして、多くの人に愛された素晴らしい俳優の悲報も届きました。

●俳優のマイケル・クラーク・ダンカンさんの死去

今年9月3日にマイケルさんは入院中の病院で54歳で亡くなりました。マイケルさんは7月13日に心臓発作を起こして倒れ、その後目を覚ますことはなかったのです。マイケルさんはトム・ハンクスとの共演作『グリーンマイル』(99)で不思議な力を持つ優しい大男の死刑囚を演じ、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたことがあります。ほかには『アルマゲドン』(98)や『PLANET OF THE APES/猿の惑星』(01)などの大ヒット映画に出演してきました。笑顔が輝いていた彼の死は多くの人々にショックを与えました。

また、我が子を亡くすという耐え難い思いをしたスターもいました。俳優のシルヴェスター・スタローンは、今年7月13日に36歳の息子セイジさんを失いました。死因は心臓発作によるものでした。シルヴェスターはセイジさんが亡くなった当時、その痛烈な思いを語り、乗り越えられるように努力すると話していました。セイジさんは、『ロッキー5/最後のドラマ』(90)でロッキーの息子役で俳優デビューをし、シルヴェスターの主演映画『デイライト』(96)に出演するなど、さまざまな映画に出演してきました。これから監督やプロデューサー業で活躍していこうとしていた最中で、とても悲しい出来事となってしまったのです。

ほかにも2月にブロードウェイで活躍した俳優のベン・ギャザラさんが膵臓がんのために81歳で、同じく2月に1960年代以降イギリスのテレビシリース等で活躍し、『チャーリーとチョコレート工場』(05)のジョーおじいちゃん役で知られるデヴィッド・ケリーさんが82歳で、5月にはディスコ・ブームの火付け役の1人でグラミー賞を5回受賞している歌手のドナ・サマーさんが肺がんのために63歳で、6月には映画『恋人たちの予感』(89)や『めぐり逢えたら』(93)、『ユー・ガット・メール』などのロマコメで知られるノーラ・エフロン監督が白血病で併発した肺炎により71歳で亡くなっています。これらの悲報に多くの人々が悲しみました。彼らの偉業はこれからも残り、忘れられることはないでしょう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング