ティム・バートン監督が骨折の激痛と闘う、アカデミー賞授賞式も心配

ハリウッドニュース / 2013年1月29日 10時40分

ティム・バートン監督、骨折の激痛でアカデミー賞授賞式に不安 (c)Hollywood News

ティム・バートン監督が、今月初めにイギリスのロンドンで激しく転んで腕と肩を骨折し、現在手術後の激痛と闘っていることが分かった。

バートン監督はニューヨークのタウン誌「ニューヨーク」に「ここ(腕)にはメタルが入っているんだよ。だから、僕は部分的にロボットなんだ」と話した。

さらに「何をやるにも本当に大変なんだ。肩がとても痛いんだよ。ロンドンの鎮痛剤はあまり効かないんだ。医者は『2錠飲みなよ』って言うんだよ。早く痛みがやわらぐことを願っているよ。歯が痛い時に、何も考えられなくて、集中できないのと同じさ」とかなりの激痛と闘っているようである。

また、バートン監督の『フランケンウィニー』(12)は、来月24日に発表される第85回アカデミー賞長編アニメ賞にノミネートされており、彼は授賞式に出席することを心配している。彼は「『僕に触らないで』っていう紙を貼っておいた方がいいかな?」とジョークを言った。

バートン監督は今月13日に行われた第70回ゴールデングローブ賞にも左手を固定した状態で登場している。きっとかなりの痛みをこらえて出席したのだろう。バートン監督がアカデミー賞の授賞式で元気に登場してくれることを願いたい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング