キム・カーダシアン、航空会社に物を盗まれたとご立腹

ハリウッドニュース / 2012年5月29日 13時40分

スーツケースから物が無くなったというキム・カーダシアン (c)Hollywood News

リアリティースターのキム・カーダシアンが、イギリスの航空会社ブリティッシュ・エアウェイズの従業員にスーツケースから物を盗まれたと主張している。

最近仕事で英・ロンドンに行っていたキムは自身のツイッターに、「ブリティッシュ・エアウェイズには本当にガッカリさせられたわ。私のスーツケースを開けて、私の特別な物を盗むなんて! すごく大切で何にも代えられないものなのよ」とつぶやいた。

さらに連続で「鞄に鍵をかけることができた時代は何だったのかしら! そう戻すべきよ。安全も信頼もないわ! 恥を知りなさい」とツイートし、かなりご立腹な様子である。

9.11のテロ事件以降、テロ対策として危険物が入っていないか確認できるようにスーツケースに鍵を閉めないことになっており、キムは物が無くなったのは航空会社の従業員が盗んだと考えているようである。キムがとても大切にしていたその“物”が何かは明らかになってはいないが、彼女のもとに戻ってくることを願いたい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング