ジャスティン・ビーバー、危険運転をして元NFL選手に追いかけられる

ハリウッドニュース / 2013年5月29日 11時30分

近所で危険運転をしていると非難されたジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

19歳の人気ポップスターであるジャスティン・ビーバーが、アメリカ時間5月27日の夜に彼の自宅の近所で車を猛スピードで運転していたことから、それを目撃した元NFLのアメフト選手であるキーション・ジョンソンに追いかけられていたことが明らかになった。

ゴシップサイト「TMZ」によると、キーションがロサンゼルス郊外のカラバサスで子供を連れて歩いていると、突然フェラーリに乗ったジャスティンが猛スピードで彼らの横を過ぎ去ったのだという。そのあまりのスピードに自分の子供が危険な目にさらされたと激怒したキーションは子供を家に帰した後に、自分のプリウスに乗って、ジャスティンの車を追いかけたのだという。

キーションはジャスティンの自宅まで彼を追跡し、フェラーリの前に自分の車を駐車してジャスティンが家に入るのをブロックした。キーションは車から降りて、ジャスティンと対峙しようとしたのだが、ジャスティンは逃げるようにして家の中に入っていったらしい。

その夜にはジャスティンの危険運転を目撃した数人が警察に通報しており、現在警察が今回の騒動について調査をしているようである。目撃者によると、ジャスティンが大麻でハイになっているように見えたとのことだ。

大麻を使用していたというのは目撃者の推測に過ぎないが、彼が近所で危険運転をしているということは過去の証言からも事実のようである。身長195センチ以上ある大男のキーションに追いかけられたジャスティンはかなり怖い思いをしたはずなので、次からはその恐怖心を思い出しながら、慎重に運転してほしいものだ。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング