シャーリーズ・セロン、韓国映画『親切なクムジャさん』のリメイク版に出演か

ハリウッドニュース / 2012年11月29日 16時45分

シャーリーズ・セロン、韓国の復讐映画のハリウッド版に出演か? (c)Hollywood News

女優のシャーリーズ・セロンが、韓国映画『親切なクムジャさん』(05)のハリウッド版『Sympathy for Lady Vengeance』(原題、公開日未定)に出演するかもしれないそうだ。

『親切なクムジャさん』はパク・チャヌク監督が手掛けた復讐3部作のうちの最後の作品で、3部作とはいえ3つの話はつながっていない。この話はある女性が無罪なのにもかかわらず、子供の誘拐と殺人の罪で服役中で、真犯人を探して復讐しようとするストーリーである。

そしてシャーリーズがこの主役の女性を演じるのではないかと芸能情報誌「エンターテインメント・ウィークリー」は伝えている。また、シャーリーズの製作会社「Denver&Delilah」などがプロデュースを担当し、脚本は『ディパーテッド』(06)でアカデミー賞脚本賞を受賞した脚本家のウィリアム・モナハン氏が務めると発表されている。

モナハン氏は声明文で、「この作品はとてもアメリカンになりますよ」とコメントしており、さらにパク・チャヌク監督については「天才」だと絶賛している。

シャーリーズの復讐に燃える姿が劇場で見られることになりそうだ。きっとオリジナルを製作した韓国側もハリウッド版に注目しているだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング