ルーニー・マーラ、女性同士の恋を描く作品に出演へ

ハリウッドニュース / 2013年8月30日 13時30分

人気女優のルーニー・マーラ (c)Hollywood News

女優のルーニー・マーラが、新作映画『Carol』(原題、2014年全米公開)に出演するという。

同映画はアメリカの作家パトリシア・ハイスミスさんの「The Price of Salt」が原作。1950年代が舞台で、寂しさを感じている若い女性と離婚を経験した年上の女性がニューヨークのデパートで出会い、恋に落ちるというストーリー。女性同士のロマンスが描かれている。

そして、若い女性をルーニーが演じると芸能情報誌「Variety」は伝えている。この役は『アリス・イン・ワンダーランド』(10)のミア・ワシコウスカ演じる予定だった。また、年上の女性をケイト・ブランシェットが務める。

ルーニーがケイトとどのような演技を見せてくれるかたのしみだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング