キム・カーダシアン、クリスとの離婚の話に号泣

ハリウッドニュース / 2012年1月30日 17時30分

クリスとの離婚を「悪い」と感じているキム・カーダシアン (c)Hollywood News

リアリティースターのキム・カーダシアンが、昨年10月にNBA選手のクリス・ハンフリーズとの離婚を発表し、彼に「悪い」と思っていると泣きながら話した。

キムは昨年の10月にクリスと72日間の結婚生活の末に離婚を発表している。そんなキムは、姉のコートニーとの番組「コートニー・アンド・キム・テイク・ニューヨーク」でクリスとの離婚について明かした。

キムは、「辛いわ。彼は素敵な心を持っているの。キリスト教徒で。私の理想のすべてを持っているわ。でも、私の心はなぜかつながらなかったの」と語った。

さらにキムはかなり感情的になりながら、「ミネソタ州で彼と出会って。彼を私のところに連れてきて、人生を変えてしまったの。最悪な気分よ。かなしいわ。彼に悪いって思うもの。私を愛してくれていたし、私も彼を愛したわ。なのに今は私の気持ちは変わってしまったの」と号泣した。

キム自身にとっても離婚はかなり苦しい選択だったようだ。仕事も忙しく、いつもパパラッチに追いかけられる彼女は、プライベートはあってないようなもの。報道されない裏にもいろいろなことがあったに違いない。キムとクリスの2人にとって離婚の傷がいえることを願いたい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング