ジャスティン・ビーバー、アメリカからの追放を要求する署名がついに10万枚集まる

ハリウッドニュース / 2014年1月30日 9時30分

人気歌手のジャスティン・ビーバー (c)Imagecollect.

19歳のカナダ人歌手ジャスティン・ビーバーを、アメリカから追放させてほしいという署名が10万枚集まったことが分かった。

ジャスティンは現地時間23日にフロリダ州のマイアミで制限速度を超える速度で車を運転し、もう1台の車とレースをしていたとして警察に止められ、飲酒運転の疑いで逮捕された。彼は暴力はふるっていないが警察に抵抗したほか、運転免許の有効期限が切れていて無免許運転だったという。保釈金2500ドル(約25万円)を支払って、釈放された。

そして、その日のうちにアメリカ国民がジャスティンをアメリカから追放し、永住権をはく奪させるために署名を集める活動をホワイトハウスのウェブサイト「We, The Peolple」で始めたのである。署名は30日以内に10万枚集める必要があり、ついに10万枚以上集まったのである。そのため、ホワイトハウスはこの懇願に対して、無視することができず、対応しなくてはいけないことが確定したことになる。

今後、ホワイトハウスがどんな対応をしていくか注目されるだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング