「NIKITA」主演のマギー・Q、銃を抱いて寝る?

ハリウッドニュース / 2012年7月30日 16時5分

「NIKITA/ニキータ」PRで来日したマギー・Q

女優のマギー・Qが、主演しているアクションドラマ「NIKITA/ニキータ」シーズン2のPRのために来日した際、インタビューに応えた。

本ドラマでは、若くして政府の秘密組織にリクルートされたニキータが、その組織に愛する者を殺され復讐するという筋書きになっている。一見、冷たい暗殺者的なイメージが先行する中で、マギーは“感情”を持ち込んでいる。

「やはり、人間味がなければ感情移入できないと思うんですね。不正を正すとか復讐劇とかいろいろな要素があると思いますが、私にとっては、“ニキータの人間性”こそが一番大事な要素です」と、マギーは語る。

ジャッキー・チェンの事務所に入って、モデル業、俳優業をこなしてきたマギーは、その才能を『M:i:III』(06)や『ダイ・ハード4.0』(07)で開花させた。本作でもそのアクションスキルをいかんなく発揮している。

「ナイフでも、ヌンチャクでも、銃でも、持っていて違和感のないものにしないといけないですよね。コーヒーを持って飲んでいるのと同じくらい自然に、銃を持っているような。私は15年間、いろんな銃を扱ってきたので、1年間しかトレーニングを受けてない人とは見え方が違うと思います。もちろん、銃を抱いて寝てますけどね(笑)」と軽妙に答えてくれた。

ドラマ「NIKITA」は、ストーリーが先に進むほどに話が絡み合い、特にシーズン1の終盤はめまぐるしく展開が変わる。

「とにかく内容が濃いんです。今シーズン3のミーティングをしていますが、(ドラマ内容の)情報量が多いので、もう少し時間をとって見せたほうがいいというような意見を交わしています。ファミリードラマに出ていたようなほかの俳優さんには、『展開が早くて恐ろしい』っていう人もいます」と、テレビならではのスピーディーさで、変更もよくあることだと話した。

アジアの血が流れる女優が米テレビシリーズで主役を張るのは初めて。しかも競争激しい業界でシーズンが続いているのは何とも頼もしい。話を追うほどに、その複雑な展開に引き込まれるだろう。

●「NIKITA/ニキータ <セカンド・シーズン>」
8月8日DVDレンタル開始
9月5日コンプリート・ボックス発売
【BD】1万7000円(税込)、【DVD】1万5000円(税込)
発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
(c)2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング