リンジー・ローハン、ナイトクラブで女性を殴った疑いで逮捕される

ハリウッドニュース / 2012年11月30日 9時10分

ジャケットを頭にかぶせられ、警察署から出て来るリンジー・ローハン (c)Hollywood News

26歳の女優リンジー・ローハンがアメリカ時間11月29日の深夜4時に、ニューヨークのナイトクラブで女性を殴った疑いで警察に逮捕された。

ゴシップサイト「TMZ」によると、リンジーはナイトクラブ「クラブ・アヴェニュー」で女性客と口論になり、その女性の左の頬を殴ったのだという。警察官たちがクラブにかけつけると、リンジーはすでにクラブの外に出ており、車で逃げようとしていたらしい。警察官たちはリンジーの乗った車を止め、その場で彼女に手錠をかけて逮捕した。リンジーは警察署に連行されて行く際に、「冗談でしょ?」と何度も繰り返していたという。それから4時間後に、頭にコートをかぶせられて警察署から出るリンジーの姿がパパラッチによって激写されている。彼女は第3級暴行罪で警察の記録に載せられた。

どうやら彼女が女性と口論になったのは、大人気ボーイバンド「ザ・ウォンテッド」のメンバーである24歳のマックス・ジョージが原因だったらしい。リンジーは「ザ・ウォンテッド」が前座を務めるジャスティン・ビーバーのコンサートに行き、その後マックスや同バンドのメンバーであるジェイ・マクギネス、そしてトム・パーカーと合流し、4人で同ナイトクラブに遊びに行ったのだという。リンジーはマックスのことを気に入っていたようだが、マックスはリンジーが酒を飲んでどんどん酔っぱらっていくことに嫌気がさし、クラブにいたほかの女性と話し始めた。その女性が、リンジーが口論の末に殴った女性のようなのだ。結局、マックスはリンジーや彼女に殴られた女性とではなく、クラブにいたほかの女性と共にクラブを後にしたようだ。

主演したテレビ映画「Liz & Dick」(原題・日本公開未定)がアメリカで放送されたばかりのリンジーだが、今回の騒動によってまたも女優復帰への道が遠のいてしまうのではないだろうか?【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング