アシュトン・カッチャー、子育てや娘の名前の由来について語る

ハリウッドニュース / 2014年10月30日 10時0分

父親になったアシュトン・カッチャー (c)Imagecollect.

俳優のアシュトン・カッチャーが、先月30日に生まれた娘のワイアット・イザベルちゃんについて語った。

アシュトンは婚約者で女優のミラ・クニスとの間に第1子を授かり、娘の誕生から1か月が経った。

アシュトンは現地時間28日にトーク番組「Conan」に出演し、娘を授かったことについて、「信じられないよ。地球上で最も素晴らしいことさ」「最初の2週間は家にいて、赤ちゃんを落ち着かせる小さなことを学んだよ」「今、僕は赤ちゃんのささやき屋みたいな気分さ」「友達に赤ちゃんを渡して、少し泣かさせて、それで、僕が『僕に任せてくれ』って言いたいんだ」「僕たちは良い子を授かったと思うよ。彼女を置くと、彼女は寝るんだ。夜は2回くらい起きて、それだけだよ。すごく恵まれているね」と語った。

さらに娘の名前の由来について、ミラとバスケットボールチームのレイカーズの試合を見に行く時に考えたと明かしており、「すべてからリストを始めて、見たものすべてからね。『サイン! トラック! ウォール! ドア!』って」「それで、彼女は『黙って!』って感じで、僕は『バカなアイデアを思いついた。ワイアットはどう?』って言ったんだ。彼女は『それよ』って感じだったよ」と語っている。また、ミドルネームのイザベルはミラの祖父から名付けられているという。

アシュトンは「子供が生まれてすぐに、両親に電話したかったんだ。それで、謝りたかったんだよ。なぜなら、彼らがこんなに僕を愛してくれていたなんて知らなかったから」と明かしている。

アシュトンは娘が生まれて、とても幸せなようである。ワイアットちゃんはどんな子に育っていくだろうか。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング