ロバート・パティンソン、母国のロンドンに帰って心機一転したい

ハリウッドニュース / 2012年8月31日 10時20分

これからロンドンに拠点を置く? 俳優のロバート・パティンソン (c)Hollywood News

俳優のロバート・パティンソンが、一時的ではあるが母国であるイギリスのロンドンにしばらくの間帰ることを考えているということが明らかになった。

ゴシップサイト「レーダー・オンライン」によると、最近、女優で恋人のクリステン・スチュワートに浮気をされてしまったロバートは、ロサンゼルスにあるクリステンと同棲していた家を同騒動発覚後に出て行き、終いには2人の思い出が詰まった家を売却するという事態にまで陥ってしまった。そして、現在ロバートは自身が生まれ育った街のロンドンや家族、友人が恋しいようで、一時的ではあるがロンドンに戻ることを考えているという。

ロバートの近しい関係者は、「ロバートはずっと真剣にロンドンに帰ることを考えているのです。彼は悪い思い出を捨てるためだけではなく、新しいスタートを切りたいということでロサンゼルスの家を売却しました。ロバートはロサンゼルスを1度も好んだことはなく、長い間母国に帰りたいと思っているのです。クリステンがロンドンで『スノーホワイト』を撮影している時、彼はできる限りロンドンへ訪れていました」と語った。

続けて、「彼がロンドンに帰るかどうかはもうすぐ決まるでしょう。彼の家族は決して戻ってこいなどとプレッシャーを与えていませんが、ロバートは非常に家族が恋しいようです。彼の家族はいつでも両手を広げて彼を迎え入れてくれますからね」とコメントした。

ロバートにとって母国の風に当たることは傷心を癒してくれる絶好の機会になることだろう。仕事に邁進することはいいことだが、やはり今のロバートにとって心をリフレッシュすることがなによりも必要なのかもしれない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング