1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アニメ・コミック

アニー賞発表! スタジオジブリの『君たちはどう生きるか』が2冠 最多は『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』

クランクイン! / 2024年2月19日 18時30分

映画『君たちはどう生きるか』北米版ポスター

 “アニメのアカデミー賞”と称されるアニー賞の第51回授賞式が、現地時間2月17日にロサンゼルスのUCLAロイス・ホールで開催され、『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』が最多7部門、スタジオジブリの『君たちはどう生きるか』が見事2冠に輝いた。

 ソニー・ピクチャーズ・アニメーションの『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』は、2019年に公開された『スパイダーマン:スパイダーバース』の続編。長編アニメーション作品賞を含む7冠となったが、アカデミー長編アニメ映画賞を獲得した前作もまた、アニー賞では同じく7つの賞を獲得しており、オスカーに向けてひとつ実績を重ねる形となった。

 宮崎駿監督10年ぶりの最新作『君たちはどう生きるか』は、第2次世界大戦下の日本を舞台に、母を亡くした少年が不気味な青サギによって、不思議な世界にいざなわれるさまを描く。英語版ではタイトルを「The Boy and the Heron」とし、クリスチャン・ベール、デイブ・バウティスタ、ジェンマ・チャン、ウィレム・デフォー、カレン・フクハラ、マーク・ハミル、ロバート・パティンソン、フローレンス・ピューなど豪華キャストが声優を務めたことも話題を集めた。アニー賞では、キャラクターアニメーション賞(長編)と絵コンテ賞(長編)を受賞。来月開催されるアカデミー賞にも候補入りを果たしている。

 またテレビ部門では、Netflixシリーズ『BLUE EYE SAMURAI/ブルーアイ・サムライ』が6賞と席巻し、白砂由佳がで編集賞(テレビ/メディア)を受賞。

 このほか日本からは、『君たちはどう生きるか』でも音楽を手掛けた久石譲が、生涯及びキャリア功労賞のウィンザー・マッケイ賞を贈られたほか、新海誠監督の『すずめの戸締まり』が長編アニメーション作品賞など7部門でノミネートされていた。

 第51回アニー賞の主な受賞結果は下記の通り(一部抜粋)

■長編アニメーション作品賞
『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』

■長編インディペンデント作品賞
『ロボット・ドリームズ』

■監督賞(長編)
ホアキン・ドス・サントス、ケンプ・パワーズ、ジャスティン・K・トンプソン『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』

■キャラクターデザイン賞(長編)
『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』

■絵コンテ賞(長編)
『君たちはどう生きるか』

■声優賞(長編)
クロエ・グレース・モレッツ『ニモーナ』

■脚本賞(長編)
ロバート・L・ベアード、ロイド・テイラー『ニモーナ』

■キャラクターアニメーション賞(長編)
『君たちはどう生きるか』

■美術賞(長編)
パトリック・オキーフ、ディーン・ゴードン『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』

■編集賞(長編)
『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』

■編集賞(テレビ/メディア)
白砂由佳「BLUE EYE SAMURAI/ブルーアイ・サムライ」

※宮崎駿の「崎」は「たつさき」が正式表記

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください