1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

Snow Man、「日本ゴールドディスク大賞」で3年連続「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞!

クランクイン! / 2024年3月14日 17時0分

「第38回日本ゴールドディスク大賞」アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)など計7冠を獲得したSnow Man

 「第38回日本ゴールドディスク大賞」(日本レコード協会主催)の受賞作品・アーティストが発表され、「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は、Snow Manが3年連続3度目の受賞、洋楽部門はザ・ビートルズが本賞史上最多となる9度目の受賞となった。

 Snow Manは邦楽部門のアーティスト・オブ・ザ・イヤーに加え、「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー」、「ベスト5アルバム」、「ベスト5シングル」(「タペストリー / W」、「Dangerholic」の2作品)、「ベスト3ミュージック・ビデオ」、など計7賞を受賞、7冠を達成した。

 ザ・ビートルズは自身の持つ洋楽最多受賞記録を更新し、同賞9度目の受賞。また、9度のアーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞は邦洋合わせても過去最多受賞となった。

 また、「ベスト・エイジアン・アーティスト」初受賞のSEVENTEENは、アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア)、ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(アジア)など計6賞を受賞。

 Snow Man・ラウールは、「この度は第38回日本ゴールドディスク大賞アーティスト・オブ・ザ・イヤーという名誉な賞を頂き、大変光栄です。応援してくださるファンの皆様、支えてくださっているスタッフのみなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。2023年に頂いた応援を糧に、今年これから制作する音楽作品は楽曲、映像共に飛躍的にクオリティを高められることを確信しておりますので是非ご期待下さい。これからもよろしくお願い致します!」とコメント。

 ベスト・エイジアン・アーティストを受賞したSEVENTEENは「僕たちSEVENTEENがこのようなとても光栄な賞に選んでいただくことができてとても嬉しいです。この結果はいつもSEVENTEENを応援してくださるCARATのみなさん、そして僕たちの音楽を愛してくださる全ての皆さんのおかげです。これからもSEVENTEENの音楽を皆さんに届けていけるように努力していきます。これからも僕たちの音楽をたくさん愛していただけると嬉しいです。本当にありがとうございます」と言葉を寄せている。

 ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)はTravis Japanが受賞。「今回、『GOLD DISC Award』でTravis Japan、ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー、そして、ベスト5ニュー・アーティストを頂きました。自分たちにとって新しい形でのデビューを叶え様々な挑戦を続けている中で、こうした形で賞をいただけたこと嬉しくそして光栄に思います。我々を日々支えてくれている皆さまと共に喜びあえて、感謝を感じれる機会をありがとうございます。引き続き感謝と挑戦心を忘れずに、歩んでいきたいと思います」とコメントした。

 ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)には、Travis Japan のほか、XG、なとり、MAZZEL、LIL LEAGUEが選ばれた。

 アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)はKing & Prince『Mr.5』が受賞。同グループは、本作品と『ピース』が「ベスト5アルバム」(邦楽)、「Life goes on / We are young」が「シングル・オブ・ザ・イヤー」、「ベスト5シングル」、『King & Prince First DOME TOUR 2022 〜Mr.〜』が「ベスト3ミュージック・ビデオ」を受賞し、計6冠を獲得した。

 ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(邦楽)もSnow Man。『Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME』が受賞。向井康二は「この度は第38回 日本ゴールドディスク大賞ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤーを受賞することができとても嬉しいです!ファンの皆さんに喜んでもらえるよう、ひとつひとつメンバーとスタッフさんで考えた作品がこのような素敵な賞で形に残るのがとても光栄です。毎回同じことを言ってしまいますが、本当に皆さんのおかげで僕たちSnow Manは輝くことができます。皆さんの毎日を楽しい日にすることが、僕たちの幸せでもあります。ファンのみんなに笑顔を届けているつもりが、逆にいつも僕たちが元気をもらってます。本当にいつも愛のある応援をありがとうございます。これからもみんなの自慢の推しでいれるよう精一杯がんばります」としている。

 ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング(邦楽)はYOASOBI「アイドル」が受賞し、「この度は、大変光栄な賞をいただき誠にありがとうございます。沢山の方が『アイドル』という楽曲を大切に聴いてくださったからこそいただく事が出来た賞だと思うのでとても嬉しいです。これからもYOASOBIらしく楽しく活動をしていけたらと思いますので、応援のほど何卒よろしくお願いいたします」とコメント。「アイドル」は、「ベスト5ソング・バイ・ストリーミング」、「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(邦楽)、「ベスト3ソング・バイ・ダウンロード」も受賞し、計4冠を獲得。

 特別賞は新しい学校のリーダーズ、King Gnu、Vaundyが受賞。

 新しい学校のリーダーズは「日本ゴールドディスク大賞の特別賞、誠にありがとうございます!今回この賞をいただけたのは、いつも楽曲を楽しんでくれたり、応援してくださる皆様のおかげです。今年も日本中、世界中に沢山の我々の素晴らしいものをお届けしていきますので、是非よろしくお願い致します!」とコメント。

 King Gnuは「日本ゴールドディスク大賞『特別賞』に選んでいただき、とても嬉しく、光栄に思います。いつも応援していただいているファンの皆様、King Gnuの活動に関わっていただいた皆様に改めて感謝申し上げます」としている。

 Vaundyは「この度はこのような賞をいただき、とても嬉しく、光栄です。たくさん聴いてくださる皆さま、いつも応援してくださる皆さま、本当にありがとうございます。受賞の知らせを受けたときは『なぜ僕が』という気持ちでした。これからもみなさんの期待を超える作品をたくさん作っていきたいです。まだまだ、走っていきます。ありがとう世界」と言葉を寄せている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください