1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

イギリスNo.1にも輝いたヒット作『ハロルド・フライのまさかの旅立ち』6.7日本公開決定 特報も解禁

クランクイン! / 2024年3月19日 8時0分

映画『ハロルド・フライのまさかの旅立ち』ポスタービジュアル

 イギリスで初登場ナンバーワンのヒットを記録したジム・ブロードベント主演映画『The Unlikely Pilgrimage of Harold Fry(原題)』が、邦題を『ハロルド・フライのまさかの旅立ち』として、6月7日より公開されることが決定。特報映像、ポスタービジュアルが解禁された。

 原作は、世界36ヵ国で刊行され、英国文学最高の賞であるマン・ブッカー賞にノミネート、日本では2014年本屋大賞翻訳小説部門第2位に輝いた傑作小説「ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅」(亀井よし子 訳/講談社文庫)。

 主人公は、定年退職し、妻のモーリーンと平凡な生活を送るハロルド・フライ。ある日北の果てから思いがけない手紙が届く。差出人はかつてビール工場で一緒に働いていた同僚クイーニーで、ホスピスに入院中の彼女の命はもうすぐ尽きるという。ハロルドは返事を出そうと家を出るが、ある言葉をきっかけに途中で心を変える。

 ハロルドには、クイーニーにどうしても会って伝えたい“ある想い”があった。ホスピスに電話をかけた彼は「私が歩く限りは、生き続けてくれ」と伝言し、手ぶらのまま歩き始める。歩き続けることで、余命わずかなクイーニーの命を救う願いをかけるハロルド。目的地までは800キロ。彼の無謀な試みはやがて大きな話題となり、イギリス中に応援される縦断の旅になるが…。

 800キロの旅の途中、彼を包み込むように広がる美しいイギリスの大自然や街並みに息を吞み、誰かのために一歩を踏み出すことで、人生がもたらす哀しみ、驚き、喜び、そして愛を再発見する本作。

 主人公ハロルド・フライを演じるのは、『アイリス』でアカデミー賞(R)とゴールデングローブ賞助演男優賞に輝いたジム・ブロードベント。夫ハロルドのまさかの行動によって自身も変化していく妻のモーリーンを『ダウントン・アビー』シリーズのペネロープ・ウィルトンが演じ、イギリスを代表する名俳優たちが感動のドラマを織りなす。

 特報映像は、ホスピスにいる昔の同僚クイーニーに手紙の返事を出そうとしたハロルドが、「大事なのは信じる心よ」と背中を押され、歩き出していく姿を収めたもの。800キロの道のりを手ぶらで歩く彼が多くの人々の共感を呼ぶ様子も収められ、ポジティブな物語を予感させる特報となっている。

 ポスタービジュアルは、赤いポストの前で手紙を手にたたずむ主人公ハロルドをメインに配置したもの。横には「歩かなきゃいけない、理由ができた」というコピーが添えられ、下にはイギリスの美しい田園風景が広がっている。

 映画『ハロルド・フライのまさかの旅立ち』は、6月7日より公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください