今夜『インハンド』、山下智久は菜々緒の娘の治療法探しを引き受ける

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年5月24日 10時0分

『インハンド』第7話場面写真(C)TBS

 山下智久が変わり者の天才科学者役で主演を務める金曜ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第7話が今夜放送される。牧野(菜々緒)は紐倉(山下)に、難病で入院している娘・美香(吉澤梨里花)の治療法を見つけてほしいと頼む。引き受けた紐倉は、元上司の福山(時任三郎)に協力を仰ぐが…。 本作は、「イブニング」(講談社)連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じるロボットハンドの義手を持った変わり者の科学者・紐倉哲が、天才的なひらめきと科学的な方法で次々と難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリーとなっている。

 牧野に娘がいることを知った紐倉と高家(濱田岳)は、入院している牧野の娘・美香の見舞いに来ていた。生まれつき免疫に欠陥があるPID(原発性免疫不全症候群)で入院している美香。PIDの有効な治療法は骨髄移植しかないが、ドナー提供者も見つかっておらず、母親の牧野とも一致しなかったという。そして、美香の父親で牧野の夫・賢一(永岡卓也)はすでに他界していた…。

 牧野は紐倉に、美香のためにPIDの治療法を見つけてほしいとお願いする。珍しくすんなり引き受けた紐倉だったが、それは牧野がやろうとしている“あること”に気づいたからだった。

 紐倉はPIDの研究を始めるため、元上司の福山に協力を仰ぐが…。

 『インハンド』第7話は、TBS系にて今夜5月24日22時放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング