木村拓哉主演『グランメゾン東京』 世界初、パリ有名三ツ星レストランで撮影実現

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年8月30日 4時0分

日曜劇場『グランメゾン東京』パリでの場面写真(C)TBS

 俳優の木村拓哉が主演を務める、10月スタートのドラマ『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)が、フランス・パリでクランクイン。世界で初めて、パリの三つ星レストラン「ランブロワジー」での撮影が実現した。 木村が令和最初に挑む本作は、挫折したフランス料理シェフがもう一度夢に向かう“大人の青春”をかけたヒューマンストーリー。木村が演じるのは型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹。料理に人生をかけ、パリに自分の店を持ち二つ星を獲得するが、己の慢心から招いた事件によりその座を追われ、店も仲間も失ってしまう。どん底まで転落した尾花が鈴木京香演じる女性シェフ・早見倫子と出会い、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿が描かれていく。木村と鈴木のほか、Kis‐My‐Ft2の玉森裕太、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹が脇を固める。

 そんな本作が、フランス・パリでクランクイン。今回パリでは、尾花がパリに自分の店を持ち二つ星を獲得していた頃のシーンや、重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失いどん底まで転落した尾花が倫子と出会うシーンを撮影。さらに、かつて尾花と二人三脚でパリの店を二つ星レストランにした支配人・京野陸太郎を演じる沢村も参加し、彼に経営を任せていたはずの尾花がなぜ店を失うことになったのか、その秘密が明らかになる非常に重要なシーンも撮影された。

 世界で初めて本場の三つ星レストラン「ランブロワジー」を貸し切りで撮影を敢行した木村は「今回のストーリー上、どうしても必要なシチュエーションということでパリにお邪魔しているのですが、環境に本当に恵まれています。連続ドラマの1シチュエーションにここまで時間と費用を割いてモノを作るって本当に久しぶりで、『GOOD LUCK!!』(同系)以来の感覚だなと思っています」と印象を語った。

 さらに木村は「京香さんや沢村さんや監督と、グランメゾンをいかに構築していくかってことを毎晩のように煮詰めることができました。グランメゾンが出来上がっていくさまをみなさんにお届けしますが、レストランは単純に料理だけあれば良いのではなくて、人と人とが繋がってできるものだと思うんです。そういった過程を僕自身も楽しみにしています。絶対、面白いものにします!なので、食べてください!!」と意気込みを語った。

 なお、今回のパリでのロケの模様は、9月1日21時から放送の『ノーサイド・ゲーム』第8話から解禁となる『グランメゾン東京』の予告映像で見ることができる。

 日曜劇場『グランメゾン東京』は、TBS系にて10月より毎週日曜21時放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング