藤ヶ谷太輔、“絡み”初挑戦 「抱かれるような気持ちで来て」

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年8月30日 21時30分

ミュージカル『ドン・ジュアン』公開ゲネプロ及び囲み取材に登場した藤ヶ谷太輔 クランクイン!

 Kis‐My‐Ft2の藤ヶ谷太輔、女優の蓮佛美沙子が30日、都内で開催されたミュージカル『ドン・ジュアン』の公開ゲネプロ及び囲み取材に出席。プレイボーイ役に挑む藤ヶ谷は、ファンが嫉妬するかもしれないとしたうえで「『あ、私もドン・ジュアンに抱かれたい』と思ってもらえるくらいの気持ちになってもらいたいなと。自分もさせるよう頑張りますので。抱かれるような気持ちで来ていただければ」と白い歯を見せた。 藤ヶ谷にとって初のミュージカルとなる本作は、スペインのセビリアを舞台に、快楽を求めて多くの女性を魅了するドン・ジュアン(藤ヶ谷)が、彫刻家のマリア(蓮佛)や、マリアの婚約者で兵士のラファエル(平間壮一)らと織りなす愛の物語を描く。この日は共演の鶴見辰吾、潤色・演出を手掛ける生田大和も囲み取材に出席した。

 プレイボーイ役に挑む藤ヶ谷は「女性との絡みというのが、ボク、実は初めてなんですよ」と発言。女性の胸を触るシーンがあることも紹介し「『え、胸触るんだ』『え、いいのかな』みたいな」と照れ笑いを見せる。そんな藤ヶ谷について蓮佛は「いろいろな人とキスしてる」と報告し、藤ヶ谷は「すごい体を触られたりするし。不思議な気持ちですよ。10人くらいの女性に体を触られるのは」とコメント。ただ「今はもう大丈夫です。全然余裕です」と役どころに慣れた様子だった。

 そんな藤ヶ谷は、劇中で見せるフェンシングを、4~5回の練習で出来るようになったそう。「基礎レッスンをやるって呼ばれたら、振り付けされて。振付師さんに『違うんだ、お前は』とか言われて怒られて。『だって俺、やったことないもん』って、けっこう実は思ってました(笑)」と告白。「『すいません!』とか言いながら。聞いたことない単語が出てきたりとか、動きが出てきて。見たことも聞いたこともないんですよ。でも、頑張りました!」と続けていた。

 ミュージカル『ドン・ジュアン』は8月30日~9月18日まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて、10月1日~5日まで愛知・刈谷市総合文化センター アイリス 大ホールにて上演。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング