小栗旬、オリラジ藤森が「嫌いだった」 初対面の印象に藤森本人も爆笑

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年9月11日 18時0分

(左から)小栗旬、藤森慎吾 クランクイン!

 俳優の小栗旬が10日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系/毎週火曜19時)に出演。トークの中で小栗が、友人のオリエンタルラジオ藤森慎吾との出会いについて語る一幕があった。 この日、東京都荒川区の「おぐぎんざ商店街」でアポなしロケをすることになった小栗とオリエンタルラジオの2人。ロケの冒頭で藤森は、小栗とプライベートで親交があること明かすものの、相方の中田敦彦は信じられない様子。藤森が「旬ちゃん言ってあげてよ〜」と親しげに話しかけると、小栗は真顔で「結構迷惑してます」とキッパリ。

 爆笑する中田に対して、小栗は「やたら連絡がくるので3回に1回は会わないと、もう何言われるか分かんないんで…」と続けた。そんな小栗との関係性について藤森は「週2とかで家に行って、ゴルフも一緒に行くし」と説明し「小栗の生活は藤森で成り立ってるんじゃないかな」と豪語すると、小栗も笑顔を見せていた。

 商店街の中の飲食店に入った3人は、食事で出てくるまでトークを展開。一緒に仕事をするのが初めてという小栗と藤森に、中田は「出会いのきっかけもプライベート?」と質問。これに小栗が「友人の紹介というか…」と応えると、藤森は「会う予定でもなかったのに、たまたま」とある日、ある店で遭遇したことを告白。続けて藤森は「全然、しゃべんなかったの最初」と第一印象を話すと、小栗は藤森について「嫌いだったんですよ」とカミングアウト。藤森がテレビで見せる“チャラ男”のキャラクターについて、当時の小栗は「めんどくさそうだなぁ」と思っていたという。
 
 この告白に藤森も思わず爆笑。初対面で連絡先を交換した2人だったが、以前より小栗のファンだった藤森は「仲良くなりたいから頑張った」という。2回目の対面では小栗から藤森を飲みに誘い、その後は小栗が藤森を自宅に誘うほど意気投合したことを説明していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング