木村拓哉の“裕太”呼びに玉森裕太「キュンキュン」心拍数上がる

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2019年10月16日 17時40分

(左から)日曜劇場『グランメゾン東京』制作発表会見に登場した木村拓哉、鈴木京香、玉森裕太 クランクイン!

 俳優の木村拓哉が16日、都内で行われた主演ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)の制作発表会見に出席。木村の“裕太”呼びに、共演の玉森裕太がキュンキュンしていることが明かされた。 木村演じる型破りなシェフ・尾花夏樹は、パリに持った自分の店で二つ星を獲得するが、己の慢心から招いた事件によりその座を追われ、店も仲間も失ってしまう。どん底まで転落した尾花が、鈴木京香演じる女性シェフ・早見倫子との出会いをきっかけにもう一度シェフとして生き直し、三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

 会見には木村、玉森、鈴木の他、共演の尾上菊之助、及川光博、沢村一樹が出席した。

 撮影は大変だったのではないか、と聞かれた木村は「匂いを届けられないテレビで、観てくださる人たちに絶対おいしいんだろうなって想像をふくらませる映像を撮ってくれるスタッフ・監督が大変なのではないかなと思ってます」と制作陣を称賛。料理については「全部作ってますよ」と実際にキャスト陣が調理していることを明かし、沢村も「作ってない僕が言うことじゃないですけど、1カット1カット適当にやるんじゃなくて、頭から最後まで作り方を覚えて現場に入ってます」と説明した。

 鈴木は「世界最高峰に素敵な方たちと一緒に仕事ができて、仲間として引っぱっていただける。日本で1番羨ましがられている女性は私だなと思っています」と笑いを誘い、「木村さんがチームワークでは三つ星と言ってくださったのがうれしいです。最高の料理も最高のお話も確実に届けます」とニッコリ。そんな鈴木との共演について、木村は「今回は同じ方向を向いて同じ熱量で、パートナーとして京香さんが来てくださったのは、頼もしいですし楽しいですし美しいですし。1カット1カット充実しています」と話した。

 また、セリフの覚え方を尋ねられた木村は「僕は変わらないですね」と以前から覚え方が変わっていないそう。「国語の授業みたいに、他の人のセリフも含めて1番大事なワードってどれなんだろうって探して、これかなってものを丸で囲んで。そっから自分のセリフを読むようにしてますね」と告白し、共演者を「へぇ~」と唸らせた。

 さらに及川が、木村だけは玉森を「裕太」と呼んでいると明かし「なんか呼ばれるたびにキュンキュンしてるんだよね」と玉森をイジると、玉森は「呼ばれる度に心拍数上がってます」と吐露。続けて「みんなで呼ぼうか。せーの、裕太」とキャスト陣から名前を呼ばれ、玉森は胸を押さえて悶絶していた。

 日曜劇場『グランメゾン東京』は、TBS系にて10月20日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング