アニメ『七つの大罪』10月より最終章 梶裕貴「胸を締めつけられる思い」

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2020年3月25日 19時35分

テレビアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』メリオダス役の梶裕貴(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会・テレビ東京

 テレビアニメシリーズ『七つの大罪』の最終章『七つの大罪 憤怒の審判』が10月に放送されることが決定し、9名のメインキャストが発表された。メリオダスを演じる梶裕貴は、今後の展開に「胸を締めつけられる思いです」とコメントした。 アニメ『七つの大罪』は「週刊少年マガジン」(講談社)で連載された鈴木央の人気コミックを原作としたアニメシリーズ。かつて最強最悪の騎士団として恐れられ、国を裏切り指名手配となった罪人集団「七つの大罪」を巡る冒険ファンタジーで、テレビアニメ『七つの大罪 神々の逆鱗』は本日25日に最終話が放送された。

 続編決定と併せて、9名のメインキャストも発表。『七つの大罪 神々の逆鱗』に引き続き、梶裕貴、雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央、福山潤、高木裕平、坂本真綾、杉田智和の出演が決まった。

 主人公のメリオダス、そしてゼルドリスの2役を担当する梶は「ここから終局に向かって、ますます厳しく苦しい展開になっていく物語を考えると、胸を締めつけられる思いです。とはいえ! 再びメリオダスやゼルドリスを演じさせていただけることは、本当に幸せです」とコメント。

 ヒロインのエリザベスを演じる雨宮は「エリザベスは初期から変化の大きいキャラクターで私も彼女の変化に驚かされ続けてきましたが、どんなエリザベスも最後まで全力で演じさせていただきます!」と力強く語る。

 ホーク役の久野は「いつも『七つの大罪』を応援してくださる皆さまへ感謝の気持ちを込めて、全力でホークを演じたいと思います」、マーリン役の坂本は「ますます楽しんでいただけるように、感謝を込めて、しっかりとマーリン役をつとめさせていただきます」と、それぞれ作品に対する思いと新シリーズへの意気込みを語った。

 テレビアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』はテレビ東京系にて10月より放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング