『大恋愛~僕を忘れる君と』戸田恵梨香が副音声で“涙止まんなくなった”と告白 ネット「裏話が泣けちゃう」

クランクイン! / 2020年6月13日 10時45分

(左から)戸田恵梨香、ムロツヨシ クランクイン!

 女優の戸田恵梨香と俳優のムロツヨシが共演した2018年10月期放送のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』の第2話が、未公開カットと戸田とムロによる副音声を加えた特別編として12日に放送され、戸田が副音声で撮影中に涙を流してしまったシーンを告白すると、ネット上には「泣いちゃうんだね」「裏話が泣けちゃう」などの声が寄せられた。 第2話の序盤、尚の母・薫(草刈民代)が真司の自宅を訪れ、彼に娘との別れを迫るシーンが流れると、副音声で戸田がムロの演技にツッコミを入れるという展開に。複雑な表情の真司が一点を見つめ瞬きをしないまま、薫の話を聞いている姿を戸田は笑いながら「いつ瞬きする? いつ瞬きする? あ! あ!…結構ガマンしてますよ…」と解説。これにムロも笑いながら「そういうのいいから! ガマンしてないから!」と言葉を返すと、戸田は「あ、まだ瞬きしない。ほらほらすごい…役者魂…」と応戦。戸田の指摘にムロも爆笑しながら「ガマンしてる人みたいになるだろ! 芝居見ろよ!」と言い返す。

 戸田とムロが副音声で聞かせるユーモラスな掛け合いに、ネット上には「ムロトダの会話面白すぎ」「副音声面白すぎ! ドラマの内容が全然入ってこない(笑)」などのコメントが集まった。

 そして第2話の中盤、真司が尚をレストランに誘い、改めて交際を申し込むシーンへ。この時点で自身の病気を知っていた尚は、真司に対して「あのさぁ、私予定通り結婚しようと思うの」と嘘をつき交際を断ってしまう。この場面の副音声でムロが「本番、1回泣いちゃったんですよね?」と戸田に話を振ると、彼女は「ムロさんのカットを撮ってるときにもう…涙が止まんなくなっちゃいましたよね…」と告白。この戸田のエピソードに、ネット上には「泣いちゃうんだねやっぱり」「裏話が泣けちゃう」といった声が相次いでいた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング