『東京タラレバ娘2020』10月7日放送 新キャストに松下洸平、渡辺大知

クランクイン! / 2020年8月26日 5時0分

『東京タラレバ娘2020』に出演する(左から)松下洸平、渡辺大知

 女優の吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が共演するスペシャルドラマ『東京タラレバ娘2020』(日本テレビ系)の放送日が10月7日21時に決定し、新キャストとして、俳優の松下洸平と渡辺大知が出演することがわかった。松下は倫子(吉高)の恋人役、渡辺は香(榮倉)の夫役をそれぞれ演じる。

 東村アキコの同名漫画を実写化し、2017年1月期に放送されたドラマ『東京タラレバ娘』は、“タラレバばっかり言ってたらこんな歳になってしまった!”と、恋に仕事に悪戦苦闘する倫子(吉高)、香(榮倉)、小雪(大島)の3人の姿を描いたラブコメディ。スペシャルドラマとなる今作では、その3年後、33歳になった倫子たち3人の姿が描かれる。吉高、榮倉、大島に加え、連続ドラマから引き続き坂口健太郎、鈴木亮平、田中圭、平岡祐太といった男性キャスト陣も総出演する。

 松下が演じるのは、倫子の恋人・朝倉理一役。松下は、「あまり詳しくは言えないんですが、タラレバ史上に残る役を頂いたと思い、振り切って演じました。『東京タラレバ娘2020』は、本当に盛りだくさんな内容で、とっても楽しく、そして少しホロっと心が温かくなるような、とっても素敵なストーリーになっておりますので、ぜひ皆さんご覧ください」とコメントした。

 一方、渡辺が演じるのは、香の夫・平沢ゆう役。渡辺は、「榮倉奈々さんとのシーンがほとんどだったんですが、吉高さんと大島さんのお2人と話すシーンもありまして。タラレバの一員にしてもらえた気がしてとっても嬉しかったです。ずっと観ていた居酒屋“呑んべえ”の中に入れて、ファンとしても感動しました。相変わらず悩んだりへこんだりしながらも、たくましく前を向いているタラレバ娘の3人に、僕は元気をもらいました。参加できて嬉しかったです。ぜひ楽しみにしててください!」とメッセージを寄せた。

 スペシャルドラマ『東京タラレバ娘2020』は日本テレビ系にて10月7日21時放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング