『極主夫道』玉木宏、グラサン&エプロン姿に 川口春奈&志尊淳らビジュアル解禁

クランクイン! / 2020年9月7日 5時0分

日曜ドラマ『極主夫道』主人公・龍役の玉木宏

 俳優の玉木宏が主演し、女優の川口春奈と俳優の志尊淳が共演する10月11日スタートの日曜ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)より、3人のビジュアルが解禁。さらにそれぞれのコメントも到着した。

 本作は、「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」で第2位を獲得し、累計250万部を突破した、おおのこうすけによる同名漫画(新潮社「くらげバンチ」連載中)のドラマ化。極道から転身した史上最強の主夫の奮闘を描く、仁義なきヒューマン任侠コメディー。

 玉木が極道時代に「不死身の龍」の異名で恐れられ裏社会に数々の伝説を残したが、極道から足を洗った後は結婚し主夫業に打ち込んでいる主人公・龍を、川口が龍の妻で一児の母&デザイナーとして働くバリバリのキャリアウーマンの美久を、志尊が足を洗った龍を現在も慕っている元舎弟・雅を演じる。監督は、ドラマ『おっさんずラブ』『浦安鉄筋家族』などの瑠東東一郎。

 解禁されたのは、3人が役にふんしたビジュアル。それぞれが特徴を捉えたビジュアルとなっているが、中でも、強面にグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを羽織った玉木演じる龍のビジュアルは、足を洗ってからもその外見や言動は極道時代のものが抜けていないことが伺え、それ故、本人に自覚はないが、周囲の人物を畏怖させてしまっていることがわかる姿となっている。

 「インパクトの強いアイテムがたくさんあるおかげで役に入りやすいです」と語る玉木は、「不安や心配ごとの多い時代だからこそ、家族で談笑しながら楽しんでいただけるとうれしいです」とコメント。川口は、「世の中に閉塞感がある中、家族の温かさを描いたこういう作品に携われることは光栄ですし、原作よりもさらにパワーアップさせたドラマをお届けしたいと思います」と語り、「役柄に合わせて髪型を明るくしたら、完成まで7時間かかりました」という志尊は、「ここまでやったからには、もう気合い入れてやるしかないですね(笑)」と意気込んだ。

  ドラマ『極主夫道』は、読売テレビ・日本テレビ系にて10月11日より毎週日曜22時30分放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング