古川雄大、まっすぐすぎる警察官に 玉木宏主演『極主夫道』出演決定

クランクイン! / 2020年9月8日 6時0分

日曜ドラマ『極主夫道』で交番勤務の警察官酒井タツキ役を演じる古川雄大

 俳優の古川雄大が、玉木宏が主演し、川口春奈と志尊淳が共演する10月11日スタートの日曜ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に出演することが決定した。古川は、交番勤務の警察官・酒井タツキ役を演じる。

 本作は、「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」で第2位を獲得し、累計250万部を突破した、おおのこうすけによる同名漫画(新潮社「くらげバンチ」連載中)のドラマ化。極道から転身した史上最強の主夫の奮闘を描く、仁義なきヒューマン任侠コメディー。

 玉木が極道時代に「不死身の龍」の異名で恐れられ裏社会に数々の伝説を残したが、極道から足を洗った後は結婚し主夫業に打ち込んでいる主人公・龍を、川口が龍の妻で一児の母&デザイナーとして働くバリバリのキャリアウーマンの美久を、志尊が足を洗った龍を現在も慕っている元舎弟・雅を演じる。監督は、ドラマ『おっさんずラブ』『浦安鉄筋家族』などの瑠東東一郎。

 先日発表されたメインキャストのビジュアルでは、特に龍を演じる玉木の再現度の高さが話題となっているが、そんな本作に、NHK連続テレビ小説『エール』での“ミュージックティーチャー”御手洗清太郎役などで注目の俳優・古川が出演。古川が演じるのは、龍の住む町の平和を愛してやまない、交番勤務の警察官・酒井タツキ役。龍は愛する家族のため、タツキは街の平和と安全のため、2人ともまっすぐなのに、まっすぐすぎて…なぜか会話が噛み合わないという役どころとなる。

 古川は、タツキについて「熱心すぎるが故に、ちょっと勘違いや早とちりをしてしまい、周りのみんなをミスリードしていくようなキャラクターです」とコメント。「誰もが楽しめるベタな笑いから、時折見せるシュールな笑いまで、原作の世界観を大切に、ドラマをご覧になる皆さまにお楽しみいただけるよう努めたいと思います!」と意気込みを語った。

 ドラマ『極主夫道』は、読売テレビ・日本テレビ系にて10月11日より毎週日曜22時30分放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング