森山未來のバッキバキに仕上げた肉体披露 『アンダードッグ』ビジュアル初解禁

クランクイン! / 2020年9月10日 10時0分

映画『アンダードッグ』本ポスター

 俳優の森山未來が主演を務め、北村匠海と勝地涼が共演する武正晴監督の最新作『アンダードッグ』が、第33回東京国際映画祭(10月31日~11月9日)のオープニング作品に決まった。また、本作でプロボクサー役を演じる森山が仕上げた肉体を披露するビジュアルが初解禁された。

 本作は、ボクシングの世界を舞台に、人生から見放された三匹の負け犬たちのドラマが交錯する不屈のLOSER映画。スターダムに駆け上がっていく選手たちの陰で〝かませ犬〟として踏み台にされながらもはい上がろうともがく崖っぷちボクサー・末永晃を森山が演じる。また、過去に秘密を持ちながら将来を期待される若手ボクサー・大村龍太を北村、大物俳優の二世タレントで、テレビ番組の企画でボクシングの試合に挑む芸人ボクサー・宮木瞬を勝地が演じている。劇場版と配信版が製作され、<前編><後編>から成る劇場版は3人の男たちのドラマを中心に描かれる。

 武監督は東京国際映画祭オープニング作品決定を受け、「拙作『アンダードッグ』は2020年1月、2月に撮影を行った。コロナ前の我々が失った光景が記録されている。ボクサーというリング上の孤独者達は観客の歓声なしには殴り、殴られ続けることは到底かなわない。観客が試合をつくり、語り継いでいく。時に信じがたい名勝負を生み出す。1人では試合にならない。人生も同様だ。映画創りも同じだと考えている。観客が映画を最後に創り上げてくれる。2020年東京国際映画祭のオープニングで『アンダードッグ』という映画を観ていただける環境に感謝します」とのコメントを発表した。

 また本作は、同映画祭「観客賞」の対象となる「TOKYO プレミア2020」作品としても上映される。「観客賞」は、11月9日の同映画祭クロージングセレモニーにて発表される。

 映画『アンダードッグ』<前編><後編>は11月27日より同日公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング