『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚 主要キャストに英国俳優パディ・コンシダイン

クランクイン! / 2020年10月25日 16時15分

パディ・コンシダイン

 エミー賞受賞の人気ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』。前日譚となるスピンオフドラマ『House of the Dragon(原題)』の製作に注目が集まっているが、Varietyによると、イギリス人俳優のパディ・コンシダインが、ヴィセーリス・ターガリエン1世役として出演契約にいたったという。

 パディは、『ゲーム・オブ・スローンズ』と同じHBOが手掛けた『アウトサイダー』に出演するほか、人気ドラマシリーズ『ピーキー・ブラインダーズ』や映画『ボーン・アルティメイタム』、サイモン・ペッグとエドガー・ライトがタッグを組んだ『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』などに出演している。

 パディが演じるヴィセーリス1世は、旧王のジャハーリス・ターガリエンの後継者として、ウェスタロスの騎士たちにより、ハレンハルの大評議会にて選ばれた王。温厚で優しく、まともな男で、祖父のレガシーを引き継ぐことだけを望んでいる。しかし善良な男が、必ずしも偉大な王になるとは限らない…。これは、オリジナルの『ゲーム・オブ・スローンズ』でも描かれてきた事だ。

 本作は、『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者ジョージ・R・R・マーティンの小説『Fire & Blood(原題)』を基に制作。オリジナルシリーズより300年前を舞台に、ターガリエン家の物語が描かれる。10話構成で、2022年にアメリカで放送開始予定。今夏からキャスト探しが始まっている。

 原作者のマーティンと、映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』の脚本家ライアン・J・コンダルが共同でクリエイターを務め、コンダルは、『ゲーム・オブ・スローンズ』の中でも評価の高かったエピソード、「落とし子の戦い」で監督を務めたミゲル・サポチニクと共に、ショーランナーも務める。サポチニクは第1話ほか、数話でメガホンを取るという。脚本は、ドラマシリーズ『Dr.HOUSE/ドクター・ハウス』や『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のサラ・ヘスが担当する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング