北川景子が声を張り上げる『ファーストラヴ』キャスト陣の熱演&Uru主題歌入り予告解禁

クランクイン! / 2020年11月9日 5時0分

映画『ファーストラヴ』本ビジュアル

 女優の北川景子が主演を務める映画『ファーストラヴ』の主題歌と挿入歌が、それぞれ、Uruの書き下ろし曲「ファーストラヴ」と新曲「無機質」に決定。併せて、キャスト陣の熱演ぶりが映し出される本予告がポスタービジュアルと共に解禁された。

 作家・島本理生による同名の直木賞受賞作を実写化する本作は、公認心理士が“動機なき殺人者”の心理に迫っていくサスペンスミステリー。

 北川は主人公の公認心理師・真壁由紀役で、容疑者の心理を解明していくうち、自身が心の奥底にしまい込んでいた<ある記憶>も暴かれていくという複雑な役どころを演じる。さらに由紀の義理の弟で、由紀と共に事件の真相に迫る敏腕弁護士・庵野迦葉役を中村倫也、父親殺しの容疑者・聖山環菜役を芳根京子、そして由紀の夫で迦葉の兄・真壁我聞役を窪塚洋介が務める。監督は『TRICK』『SPEC』シリーズの堤幸彦が務め、北川とは初タッグ。脚本は、ドラマ『八日目の蝉』などの浅野妙子。

 主題歌、挿入歌を担当するUruは、これまでドラマ『テセウスの船』の「あなたがいることで」や映画『罪の声』の「振り子」を手掛けてきたが、1つの作品で主題歌と挿入歌の2曲を手掛けるのは初となり、実写映画主題歌としては4作目の提供となる。

 Uruは主題歌について、「悲しいとか苦しいとか、心の内を言葉に出せずに生きている人も少なくないと思いますが、この映画を観ながら、その中で人は何を求めるのか、『愛』とはなんなのか、この物語のタイトルが『ファーストラヴ』になった理由も考えながら少しずつ言葉を紡いで書いた曲です」と語っている。

 同曲について主演の北川は「Uruさんの歌声で心の澱が流れていくような、浄化されて行くような、そんな不思議な気持ちを皆様にもぜひ感じていただきたい」、堤幸彦監督は「誰もが持つ、自分では気付けない心の深いところに溜まった澱を、優しく救い上げ、浄化してくれるUruさんの歌声に、ぜひ包み込まれてください」と、それぞれコメントした。

 主題歌「ファーストラヴ」が彩る本予告では、キャスト陣のすごみのある熱演が見どころ。環菜(芳根)の狂気に満ち、時に激高する様子や、由紀(北川)と迦葉(中村)が時に平常心を失い、互いに声を張り上げる様子も映し出される。

 ポスタービジュアルは、環菜の世界が由紀、迦葉、我聞に侵食するイメージで制作され、このキーパーソン4人の表情が印象的だ。「触れてはいけない、閉じ込めた愛の記憶。」という謎めいたキャッチコピーが添えられている。

 映画『ファーストラヴ』は、2021年2月11日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング