レディー・ガガ、ザジー・ビーツら、伊坂幸太郎の小説映画化でブラピと共演

クランクイン! / 2020年11月25日 19時50分

(左から)ザジー・ビーツ、 ブラッド・ピット、レディー・ガガ

 映画『アリー/スター誕生』のレディー・ガガや、『ジョーカー』や『デッドプール2』などに出演するザジー・ビーツらが、伊坂幸太郎の「マリアビートル」を原作に映画化する『Bullet Train(原題)』で、ブラッド・ピットと共演することが明らかになった。Varietyなど米メディアが報じている。

 本作は、日本の人気作家、伊坂幸太郎の小説「マリアビートル」を原作に、ソニー・ピクチャーズが映画化するもの。殺し屋たちが乗った新幹線を舞台に描かれる。

 『デッドプール2』や『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のデヴィッド・リーチがメガホンを取り、ブラッドのほか、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、アンドリュー・コジらも出演する。

 ザジーはこれまで、『ジョーカー』や『デッドプール2』のほか『ルーシー・イン・ザ・スカイ』、Netflixの『ワウンズ:呪われたメッセージ』などに出演。

 さらに、『アリー/スター誕生』や、ドラマシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』などに出演するレディー・ガガと、『シェイプ・オブ・ウォーター』や『ノクターナル・アニマルズ』で知られるマイケル・シャノンの出演も明らかに。colliderによると、ガガの役柄は主役級ではなく、助演パートになるという。

 ブラッドはの出演は、今年7月に発表。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でアカデミー賞助演男優賞を受賞後、次の出演作として『ラ・ラ・ランド』のダミアン・チャゼル監督の新作『Babylon(原題)』で、エマ・ストーンと共演する予定だったものの、撮影が2021年に延期。スケジュールが空いたことで、本作の出演する機会を得たという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング