1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

瀧内公美主演『由宇子の天秤』、9.17公開決定 ポスタービジュアル到着

クランクイン! / 2021年7月2日 12時0分

映画『由宇子の天秤』ポスタービジュアル

 女優の瀧内公美が主演する映画『由宇子の天秤』の公開日が9月17日に決定。併せてポスタービジュアルが解禁された。

 超情報化社会を生きる人々が抱える問題や矛盾を真正面からあぶり出す本作。瀧内が主演を務めるほか、河合優実、梅田誠弘、光石研らが脇を固める。監督・脚本は『かぞくへ』の春本雄二郎。そして、長編アニメーション『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の片渕須直がプロデューサーとして参加している。

 女子高生いじめ自殺事件を追っていたドキュメンタリーディレクターの由宇子は、テレビ局の方針と対立を繰り返しながらも事件の真相に迫りつつあった。そんな時、由宇子は学習塾を経営する父が起こした“ある行動”を知り、衝撃を受ける。「“正しさ”とは何なのか?」。ドキュメンタリー作家として常に真実を明らかにしたいという信念に突き動かされてきた由宇子は、究極の選択を迫られる-。

 本作はベルリン国際映画祭をはじめ世界の映画祭を席巻中。先日大盛況で終えたベルリン公式上映の熱気冷めやらぬ中、スイスで開催の第35回フリブール国際映画祭のメインコンペティション部門、さらには第9回ヘルシンキシネアジア映画祭、第20回ニューヨーク・アジアン映画祭にも立て続けに招待が決定した。

 ポスタービジュアルでは、瀧内演じるドキュメンタリーディレクターの由宇子が、力強いまなざしでビデオカメラをこちらに向けている。両側には、顔の見えない男と制服姿の少女が背中合わせにたたずむ。そして、それぞれの背中に掛かるように添えられた「正しさとは何なのか?」という問いかけのコピーが目に飛び込む。

 由宇子がカメラを向けている先にあるものとは? 3人の関係は一体どうなっていくのか? 意味深に配置された人物の構図、そして緊迫感あふれる場面写真の数々が、不穏で衝撃的な展開を予感させる。さらに国内外の映画祭出品リストがズラリと並び、日本公開を前にして本作が高く評価されていることを物語っている。

 映画『由宇子の天秤』は、9月17日より全国順次公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング