1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

『おかえりモネ』神野マリアンナ莉子の“名前の理由”に驚きの声「本名だったんだ」

クランクイン! / 2021年8月5日 6時30分

今田美桜が演じる、神野マリアンナ莉子 写真は初登場したときのシーン

 女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第12週「あなたのおかげで」(第58回)が4日に放送。今田美桜が演じる神野マリアンナ莉子が、自身の名前について語る場面に視聴者から反響が寄せられた。

 前日放送の第57回で、「やっとみんなの役に立てた」とつぶやいた百音(清原)に「なんかさ、永浦さんて、ちょっと重いよね」「人の役に立ちたいとかって、結局自分のためなんじゃん?」とストレートな物言いをして、視聴者を驚かせた莉子。

 第58回はこの続き。ズバリ核心を突くような莉子の言葉に、百音だけではなく、明日美(恒松祐里)も菜津(マイコ)も固まってしまった。

 そんな様子を見て莉子は「ごめんね。別に永浦さんを否定しているとかじゃないよ。ただ、私は自分が他人に認められたいとか、有名になりたいとか、そういう欲求の方がシンプルだし、嘘がないって気がするだけ」とその真意を語る。

 それでもやはりショックを受けた様子の百音に莉子は「そんな深く考えないで。ごめんね」と謝る。気まずくなってしまった場を察知した明日美は、2人の間に入るように、「神野さんはあのえっと、なんで予報士になろうと思ったんですか?」と尋ねた。

 これに莉子は「それ聞く? 困っちゃうんだよね。動機が不純だから」と言いつつ、「報道キャスターになりたかったの。小さい頃から」と明かし、「いずれ何かでチャンスをつかみたい。ミドルネームつけているのもそれで。顔と名前を覚えてもらいたいから」とその理由を語る。

 「マリアンナって、それで?」と聞く明日美に「目立って覚えやすいでしょう。本名だよ」と明かす莉子。

 莉子が自身の目標のために、名前の理由を語るこのシーンには、「戦略的にミドルネーム『マリアンナ』を名乗っていたことに驚き」「芸名として付けてるんじゃないかと予想してたので本名で少し驚いた」「本名だったんだ」といった驚きの声がSNS上に上がっていた。

 振り返ってみれば、莉子が初登場した7月19日放送の第46回で、初対面の百音に莉子が「神野マリアンナ莉子です」と自己紹介した際、百音は「うん?」と聞き返し、莉子はもう一度「神野、マリアンナ莉子です。よろしくね」と笑顔を見せていた。莉子が言うように、思わず聞き返してしまうくらいインパクトある名前であることは間違いないようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング