1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

『岬の兄妹』片山慎三監督最新作 佐藤二朗主演『さがす』ビジュアル&場面写真解禁

クランクイン! / 2021年9月30日 15時0分

映画『さがす』場面写真

 映画『岬の兄妹』の片山慎三監督の最新作で、俳優の佐藤二朗が主演を務める映画『さがす』より、予測不能な物語展開とただならぬ不穏さの漂うティザービジュアルと場面写真が解禁された。

 本作は、長編映画監督デビュー作『岬の兄妹』で国内外から高い評価を受けた片山監督の最新作。「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」。そう告げた翌朝、父は娘をひとり残し、姿を消した。孤独と不安を押し殺しながら、娘は父の行方をさがし始める―。

 主演の佐藤はこれまでのユーモラスなパブリックイメージを封印し、不穏な言葉を残して娘の前から姿を消した父・原田智役を務める。苦悩や単純に割り切れない人間の善悪の曖昧さを、説得力あふれる演技で演じ切った。

 また本作は、アジア最大規模の映画祭である第26回釜山国際映画祭ニューカレンツ(コンペティション)部門への出品も正式に決定。同部門は同映画祭唯一の国際コンペティション部門で、アジアの新進気鋭の映画監督の第1、2作目が対象となる。

 ティザービジュアルには、指名手配犯の張り紙が一面にずらっと貼り付けられた壁の前で正面を向く、消えた父・智(佐藤)の姿。表情からは感情が全く読み取れないが、たたずまいは不穏な空気をまとっている。一方で伊東蒼演じる娘・楓は背を向け、指名手配犯のチラシを見つめながら智の隣に立っている。孤独と不安を押し殺しながら父の行方を捜し始める楓の視線の先には、指名手配中の連続殺人犯・山内(清水尋也)の手配チラシが。300万円の報奨金がかけられた彼と父娘はどのようなかかわりを持つのだろうか?

 「『指名手配中の連続殺人犯見たんや』 そう告げた父は、娘を残して姿を消した。」のコピーと相まって、本作のただならぬ異様さとサスペンスフルな展開を予感させる。メインのキャストが背を向けて顔を見せないという斬新なデザインからも、本作の先鋭さが見て取れる。

 場面写真では、娘・楓の前で肩を落とす父・智の姿や、連続殺人犯・山内と楓が相対している場面、車椅子に乗るムクドリ(森田望智)の後ろでどこか不安そうに電話をかける智の姿などが切り取られている。どの場面にもひっ迫した雰囲気や、さまざまな選択に直面する登場人物たちの表情が印象的に収められており、それぞれに異なる思惑や葛藤を抱えていることが見て取れる。予測不可能な展開が待ち受ける本作のカギとなるシーンを集めた場面写真となっている。

 公開に先駆け、一足先に本作を見た各界著名人から絶賛コメントが到着した。

 俳優の竹野内豊は「終始予測の出来ない展開。観終えた後の余韻に、うまく言葉が見つからない。今の現代社会において私たちは『さがす』というタイトルに込められた意味を、考えずにはいられないだろう」とコメント。

 行定勲監督は「スリラーでありサスペンスであり青春映画でもある見応えのある映画だった」、内田英治監督は「人間心理に潜む恐怖と、親子の純愛を見事に融合させた傑作」と絶賛している。

 映画『さがす』は、2022年全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング