1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

『婚姻届に判を捺しただけですが』第5話 兄嫁・美晴との同居生活スタート 百瀬&明葉の関係に影が

クランクイン! / 2021年11月16日 7時0分

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』第5話場面写真

 女優の清野菜名がヒロイン役を演じ、俳優の坂口健太郎と共演するドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系/毎週火曜22時)第5話が今夜放送。第5話では、兄嫁・美晴(倉科カナ)との同居生活が始まり、明葉(清野)と百瀬(坂口)の関係に変化が生まれる。

 本作は、「フィール・ヤング」(祥伝社)連載中の有生青春による同名漫画を原作とした“不意キュン”必至の偽り夫婦コメディー。独身を謳歌している27歳のデザイナー大加戸明葉役の清野と、とある理由から“既婚者”の肩書きを手に入れるため、出会ったばかりの女性に偽装結婚を申し込む、広告代理店に勤める30歳の百瀬柊役の坂口が共演し、そのほか、倉科カナ、高杉真宙、前野朋哉、中川翔子、笠原秀幸、小林涼子、森永悠希、長見玲亜、岡田圭右、木野花、田辺誠一が脇を固める。

 百瀬(坂口)の兄嫁・美晴(倉科)が離婚届を残していなくなってしまう。身寄りのない美晴の行き先がわからず、同級生たちに連絡をとる百瀬を、明葉(清野)は心配そうに見つめることしかできない。

 美晴の行方が気がかりなまま時間だけが過ぎる中、不動産屋の前に美晴の姿が! 家に帰りたくないという美晴に、百瀬は「しばらくはうちにいればいい」と提案する。

 だが、偽装結婚中の2人には、美晴がいることで生活に大きな変化が生まれる。同じベッドで寝ることになり、緊張した時間を過ごす明葉をよそに、百瀬は美晴への想いをポツリポツリと話し始める。

 百瀬と一緒にいたいと思うようになった明葉の願いも虚しく、美晴との同居生活で2人の関係にも影が差し始めてしまう…。

 ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』第5話は、TBS系にて11月16日22時放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください