1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

『ユンヒへ』1通の手紙で20年前の思いがあふれ出す 女性たちの愛を映す日本版予告解禁

クランクイン! / 2021年11月18日 18時40分

映画『ユンヒへ』場面写真

 2020年に韓国のアカデミー賞とされる青龍映画賞で最優秀監督賞と脚本賞の二冠に輝いた映画『ユンヒへ』より、日本版予告編が解禁。主人公が1通の手紙をきっかけに20年前の想いをあふれさせる姿や、美しい雪景色の中で母子が旅をする様子などが繊細に映し出されている。

 本作は、韓国の地方都市で暮らすシングルマザーのユンヒが、長い間連絡を絶っていた初恋の女性から一通の手紙を受け取ったことから始まる、クィア・ラブストーリー。2019年に第24回釜山国際映画祭のクロージングを飾り、2020年には青龍映画賞で最優秀監督賞と脚本賞の二冠、韓国映画評論家協会賞で脚本賞、ベスト映画10選出、監督賞、音楽賞の四冠に輝いた。

 監督は、本作が長編2作目となる新鋭のイム・デヒョン。本作で東アジアにおける中年女性達の同性愛と、彼女たちが経験してきた抑圧を真摯に描き出し、多くの映画ファンや評論家達から高い評価を受けた。

 日本版予告編は、主人公ユンヒ(キム・ヒエ)の娘セボム(キム・ソへ)が、ポストに届いた見知らぬ人からの手紙に気付き、それを盗み見してしまう場面から始まる。差出人は、日本人女性のジュン(中村優子)。シングルマザーとして懸命に生きようとする日々の中で、ジュンからの手紙を受け取ったユンヒは、20年前に閉じ込めていた想いがあふれ出す。また、ユンヒの元夫であるインホ(ユ・ジェミョン)は、娘のセボムからなぜ離婚したのかと聞かれ「ママといるとなぜか…寂しくなるんだ」と打ち明ける。

 そんなひとりで孤独を抱えてきたユンヒは、セボムから「海外旅行に行こう、雪が積もる街へ」と誘われ、ジュンが暮らす小樽へ旅することに。時間を慈しむように小樽での何気ないやりとりを繰り広げる母と娘だが、次第にセボムは、母の胸の奥にしまい込まれた想いに気付いていく。

 一方で、伯母のマサコ(木野花)とささやかに暮らすジュンは、ユンヒとは違った孤独を抱えており、ユンヒが自分の書いた手紙を受け取り、小樽に来ていることを知らずにいた。「ユンヒ、あなたと出会ってから、私は自分がどんな人間なのかを知ったの」とユンヒへの想いをつづるジュン。最後は、ユンヒとセボムが雪景色の中並んで歩く姿に、「この冬、きっと大事な人に会いたくなる」というキーフレーズが重なって締めくくられている。

 簡単に連絡が取り合える現代社会において、あえて手紙という方法を採り入れた理由について、デヒョン監督は「ユンヒとジュンは長い間、会うことができず、ずっとお互いを恋しく思っていました。ジュンは送ることのない手紙を書き溜めていました。かつての愛や恋愛には待って期待する、そんな時間があったはずです。だからこそ、せつない。そんな気持ちをこの映画で描きたかったのです」と語る。

 そんなジュンが書き溜めていた手紙は、あることがきっかけでユンヒのもとに届くことに。ユンヒとジュンそれぞれの身近な人物であるセボムとマサコという存在が、心の奥に閉じ込められたふたりの物語を導く重要な役割を担っている。
 
 このふたりを登場させた意図について、デヒョン監督は「セボムとマサコは、ユンヒとジュンを結びつけてくれる協力者であり、ふたりともそれぞれ、ユンヒとジュンの人生になくてはならない同伴者です。この映画はユンヒとジュンのラブストーリーですが、広い目で見ると、セボムとマサコの物語でもあるのです」と説明している。

 映画『ユンヒへ』は、2022年1月7日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください