1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

マット・デイモンの迫真の演技に引き込まれる『スティルウォーター』予告

クランクイン! / 2021年12月1日 17時0分

映画『スティルウォーター』ポスタービジュアル

 俳優マット・デイモンが主演するサスペンス・スリラー映画『スティルウォーター』の日本公開日が、2022年1月14日に決定。マット演じる主人公が、異国で娘のために危険を冒して孤軍奮闘する姿を収めた緊迫の予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

 本作は、第88回アカデミー賞作品賞受賞作『スポットライト 世紀のスクープ』のトム・マッカーシー監督最新作。仏マルセイユを舞台に、殺人罪で捕まった娘の無実を証明するため、父親が真犯人を探し出す姿を描く。 
 
 主演は、『オデッセイ』『ジェイソン・ボーン』のマット・デイモン。異国の地で真犯人探しに奮闘するアメリカ人の父親ビルを泥臭くもリアルに体現している。娘アリソン役には、『リトル・ミス・サンシャイン』で映画ファンの心を掴んだアビゲイル・ブレスリン。留学中にガールフレンドを殺した罪で逮捕されるという難役を見事に演じきった。

 留学先の仏マルセイユで殺人罪で捕まった娘アリソン(アビゲイル)の無実を証明すべく、故郷の米オクラホマ州・スティルウォーターから言葉も通じない異国の地へ単身渡るビル(マット)。現地の協力者を得ることはできたが、他のほとんどの地元民は余所者のビルに口をきこうともしない。さらに彼は、何者かに襲われてしまう。それでも諦めないビルは、わずかな手がかりを頼りに、危険を顧みずさらなる深みへと身を投じる…。

 予告映像は、刑務所でアリソン(アビゲイル)が「みんな私が殺したと思ってる」「彼女を愛してたの」とビル(マット)に訴えるシーンから始まる。ビルは「分かってる」と答え、「お前が旅立った日、(“スティルウォーター”とデザインされた)ネックレスを見たんだ。故郷を想うのに最適だと思ったんだ」と優しく語りかける。

 そしてマルセイユで「娘を取り戻したい」という強い想いのもと、行動を起こすビル。協力者に「娘はここの大学に来て、ある夜彼女の遺体を見つけ通報したんだ」と説明し、聞き込みで情報を集めようとするがうまくいかず、ある夜何者かに突然袋だたきにされる。それでも諦めないビルに対し、地元民は「娘の無実を証明するために、罪を犯すのか? 娘を救えずあなたも投獄だ」と忠告。さらに警察もビルのもとを訪れ、次々と不穏な事態になっていき、最後は「俺を信じてくれ」というビルのセリフで終了。果たして旅路の結末は。マットの迫真の演技に引き込まれる、緊迫感あふれる予告映像となっている。

 ポスタービジュアルは、ビルが思い詰めたような表情で前を見据える姿を切り取ったもの。横には「真実は、深く、沈んでいく」というサスペンスフルな展開を予感させるコピーが添えられている。

 映画『スティルウォーター』は、2022年1月14日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください