1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

山田涼介、土屋太鳳、オダギリジョーら集結 『大怪獣のあとしまつ』キャラクターポスター解禁

クランクイン! / 2021年12月7日 8時0分

映画『大怪獣のあとしまつ』キャラポスター

 Hey!Say!JUMPの山田涼介が主演を務め、女優の土屋太鳳がヒロインを演じる特撮映画『大怪獣のあとしまつ』より、主要登場人物を演じる山田、土屋、オダギリジョー、濱田岳、西田敏行の5名をそれぞれ捉えたキャラクターポスターが解禁された。

 松竹と東映が史上初となるタッグを組んで製作する本作は、特撮映画を全く新しい切り口で描く、完全オリジナル脚本の空想特撮エンターテインメント。死んだ後の怪獣のあとしまつにスポットを当て、特撮映画の誰も見たことのない“その後の世界”を描く。監督・脚本は、ドラマ『時効警察』シリーズや映画『転々』『俺俺』の三木聡。

 ある日突然、人類を未曾有の恐怖に陥れた大怪獣が死んだ。国民が歓喜に沸き安堵に浸る一方、残された巨大な死体は徐々に腐敗・膨張を進め、ガス爆発も時間の問題に。国民の運命を懸けて死体処理を任されたのは、警察でも軍でもなく、3年前に突然姿を消した過去をもつ1人の男。果たして彼は、爆発を阻止することができるのか。

 山田が演じるのは、巨大な死体の“あとしまつ”現場の指揮を背負う、特務隊員の帯刀アラタ。土屋は、そんな彼の前に現れる、環境大臣秘書で元婚約者の雨音ユキノを演じる。濱田は真相究明のために暗躍する総理秘書官・雨音正彦役。オダギリは元特務隊員で爆破処理のプロ、ドレッドヘアが特徴のブルース役。西田は内閣総理大臣・西大立目完役を務める。

 今回解禁されたのは、“怪獣の死体処理”という未曾有の難問に立ち向かう主要人物を演じる山田、土屋、濱田、オダギリ、西田の5名を捉えたキャラクターポスター。顔の横には、それぞれの劇中での印象的なセリフを配置。アラタ(山田)には「何故、私がゴミ処理の責任者に?」、ユキノ(土屋)には「使命とやらに逃げ込む気じゃないでしょうね」、雨音(濱田)には「…今さら何の仕事があるんだ、特務に」、ブルース(オダギリ)には「俺はもうそういう事とは無縁の仕事でね」、西大立目完(西田)には「誰があとしまつをするのかなぁ」というセリフが添えられている。

 さらに、全国3万枚限定で特製クリアファイル付き劇場前売券(ムビチケカード)が12月10日より販売される。ムビチケカードには、巨大怪獣のスケール感が伝わる本作のティザービジュアルを使用。特製クリアファイルは、表面に山田演じる帯刀アラタのキャラクタービジュアル、裏面には横たわる巨大怪獣がデザインされたものとなっている。

 映画『大怪獣のあとしまつ』は、2022年2月4日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください