『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』予告編解禁 ラストに衝撃の展開が待ち受ける!

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年10月10日 19時12分

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(c)2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

 12月15日に全国公開を迎える映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より、待望の予告編が到着した。予告編ではヒロインのレイが、前作で対決したカイロ・レンに「教えて、私はどうすれば?」と問いかけるほか、そんなレイにカイロ・レンが手を差し出すという衝撃的な場面が収められている。 全世界同時解禁となった約2分半の予告編で最も注目すべきは、前作『フォースの覚醒』でフォースに目覚めたレイ(デイジー・リドリー)の姿だ。同作のラストシーンで、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)を探し出した彼女は、自らのフォースの力に困惑しており、ルークに進むべき道を示して欲しいと願っている。ルークの下でフォースを操る特訓をしている様子のレイだが、その表情は暗く曇ったまま。果たして、覚醒したフォースは、彼女をどんな運命に導くのか?「私は究極の力を知っている。かつては恐れなかったが、今は違う」というルークによる告白も、その意味が非常に気になるところだ。

 映像では、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン(アダム・ドライバー)の姿も映し出される。前作で父のハン・ソロ(ハリソン・フォード)を手にかけ、“闇”の力を手にしたかと思われたカイロ・レンだが、なんと彼は本作で、母のレイア(キャリー・フィッシャー)の命をも奪おうとする。トリガーを引こうとしながらも、苦悶の表情を見せるカイロ・レン、そして悲しげな表情を浮かべるレイアの姿が印象的なこのシーンからは、カイロ・レンがさらなる力を求めながらも、わずかな“光”と“闇”の間で揺れ動いていることがうかがえる。

 R2-D2やBB-8、そしてチューバッカや人気急上昇中の新キャラクター・ポーグももちろん登場。彼らの活躍も注目を集めそうだ。
 
 そんな本予告編のラストは実に衝撃的。不安そうな表情を浮かべたレイが「教えて、私はどうすれば?」と問いかけた先に佇むのは、なんとルークではなく、カイロ・レン! 共に強大なフォースに翻弄され、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人は、まるで鏡のよう。その後、レイは差し出されたカイロ・レンの手を取るが、彼女は“闇”へ向かって歩き出してしまうのか…? 驚きの展開が盛りだくさんの予告編に、12月の公開に向けてますます期待が高まる。

 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日全国公開。

クランクイン! 映画・セレブゴシップ

トピックスRSS

ランキング