新人監督『カメラを止めるな!』満席続出で拡大ロードショー決定

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2018年7月25日 19時10分

『カメラを止めるな!』メインカット(C)ENBUゼミナール

 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品で、短編映画で各地の映画祭を騒がせてきた上田慎一郎監督待望の長編映画『カメラを止めるな!』。6月23日に劇場公開されると都内2館の上映劇場で満席が続出した本作が、TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ新宿ほか全国の劇場にて拡大上映されることが決定した。 物語の舞台は、山奥の廃墟。自主映画の撮影隊はゾンビ映画の撮影を始め、本物を追求する監督の情熱は凄まじく、なかなかOKを出さず、撮影は過酷を極める。そんな状況下、現場に本物のゾンビが出没。襲われたスタッフがゾンビ化する中、監督はひたすらカメラを回し続ける…。

 上田監督は拡大公開決定を受け「去年の夏、汗と血にまみれながらみんなでつくった小さな映画『カメラを止めるな!』は今日まで僕たちの想像を超える奇跡を次々に起こしてくれました。『想像もしていませんでした』と何度言ってきたことでしょう。一生分の『想像もしていませんでした』を使い果たした…と思っていた矢先に今回のお話。間違いなく僕の34年の人生史上最大の『想像もしていませんでした』となりました」とコメント。

 また「お客さんから『この映画の客席は色んな色に溢れている』という言葉を頂いたことがあります。映画ファンもそうでない方も、カップルも家族もおひとり様も、会社員のおっちゃんも女子高生も、小学生もお年寄りも。職業、年齢性別も違う様々な人たちが、同じ場所でひとつになって、驚き、笑い、涙してくれています。控えめに言って奇跡です。映画館での体験こみの映画です。ぜひ映画館に映画を体験しにきてください!」と呼びかけている。

 なお8月3日の夜には、本作の上映劇場拡大を記念した舞台挨拶が、TOHOシネマズ日比谷にて実施される。こちらには上田監督のほか、濱津隆之、真魚、長屋和彰、細井学、市原洋、山崎俊太郎、大沢真一郎、浅森咲希奈、吉田美紀、山口友和、藤村拓矢、佐渡未来、秋山ゆずきが登壇する予定だ。

 映画『カメラを止めるな!』は公開中。8月3日より全国の劇場にて拡大上映。

クランクイン! 映画・セレブゴシップ

トピックスRSS

ランキング