映画『コード・ブルー』、6人目の仲間気分を体感できる特別興行決定

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2018年8月3日 17時30分

『劇場版 コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』代表カット(C)2018「劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐」製作委員会

 俳優の山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介らが出演している映画『劇場版 コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』にて、アトラクション型特別興行【MX4D】【4DX】上映が、8月17日より全国74の劇場で行われることが発表された。 本作は、ドクターヘリに乗り込むフライトドクターたちの成長を描き、これまでに連続ドラマとして3シーズン放送されてきた人気ドラマ『コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』シリーズ初の劇場版。藍沢耕作(山下)、白石恵(新垣)、緋山美帆子(戸田)、冴島はるか(比嘉)、藤川一男(浅利)らが織りなす人間ドラマや、海ほたるで発生した大規模災害から人々を救おうと奮闘する姿を描く。

 MX4D・4DX上映では、映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くほか、風やミスト、香りや光、水しぶきや振動など数々の特殊効果が作動。まさに、藍沢、白石、緋山、冴島、藤川が、劇中で感じた『コード・ブルー』の現場を、6人目の仲間として体感できる内容になっている。

 有岡大貴、成田凌、新木優子、馬場ふみか、安藤政信、椎名桔平らもキャストに名を連ねている本作は、7月27日に公開初日を迎えると、8月2日までの7日間の興行成績で観客動員214万人、興行収入27億円を突破。大作ぞろいの夏興行を牽引する大ヒットスタートを切っている。

 映画『劇場版 コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』のアトラクション型特別興行【MX4D】【4DX】上映は8月17日より全国74劇場で実施。

クランクイン! 映画・セレブゴシップ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング