目覚めたらビートルズが存在しない世界に! ダニー・ボイル監督最新作が10月公開

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年4月8日 8時0分

『YESTERDAY(原題)』ロゴUniversal Pictures .

 アカデミー賞監督ダニー・ボイルの最新作『YESTERDAY(原題)』が、10月に公開されることが決定した。「もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまったとしたら?」という設定から展開していく壮大なドラマとなっており、ミュージシャンのエド・シーランが本人役で出演する。 映画『トレインスポッティング』で頭角を現し、『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門を受賞、ロンドンオリンピック開幕式では芸術監督を務めたダニー・ボイル監督と、映画『フォー・ウェディング』『ラブ・アクチュアリー』『ノッティングヒルの恋人』などのロマンティック・コメディで知られる脚本家リチャード・カーティスがタッグを組んだ本作。音楽、夢、友情、そしてこれらすべてに対する深い愛が、数々のビートルズの名曲に彩られて描かれる。

 イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター、ジャック(ヒメーシュ・パテル)は、幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)から献身的に支えられているもののまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世には史上最も有名なバンド、ザ・ビートルズが存在していなかったことになっていることに気づくが…。

 本作は、アメリカ・ニューヨークで開催されるトライベッカ映画祭のクロージングナイト作品に選出され、現地時間5月4日にワールドプレミアを予定している。ボイル監督は「トライベッカ映画祭で本作を通じてザ・ビートルズの名曲たちを初めてアメリカに届けるような不思議な気持ちです。本映画祭のクロージングに選出されてとても嬉しいですし、大変光栄です」とコメントを寄せている。

 映画『YESTERDAY(原題)』は10月全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング