King & Prince・永瀬廉、“笑撃イラスト” で女性ファンの悲鳴誘う

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年5月18日 19時50分

映画『うちの執事が言うことには』公開記念舞台挨拶にて クランクイン!

 King & Princeの永瀬廉が18日、都内で行われた主演映画『うちの執事が言うことには』の公開記念舞台挨拶に出席。本作の見どころシーンを表現した“笑撃イラスト”で、会場の悲鳴を誘った。 本作は、高里椎奈の同名推理小説を原作とする上流階級ミステリー。社交界の名門・烏丸家の御曹司・烏丸花穎(永瀬)と、彼に執事として仕える仏頂面の新執事・衣更月蒼馬(清原翔)が陰謀に立ち向かう姿を描く。

 舞台挨拶には永瀬や清原のほか、King & Princeの神宮寺勇太、優希美青、神尾楓珠、久万真路監督が登壇した。

 ちょうど公開1年前に撮影がスタートしたという本作。永瀬は「色んな着眼点から見れる作品」と評し、関西弁で「自分のアルバムを見ているような感じ。1年前の作品を僕から見ると『顔、若いなぁ』とか感じられる。その時の思い出がプッとよみがえるような、何とも言えん不思議な感じ」と述べた。

 今回、映画初主演を務めたことについて「経験が少ない中での初主演だった。スタッフや監督に助けられた」と感謝の気持ちを吐露。本作にまつわる取材は「雑誌の取材をたくさん受けさせてもらった。全部で100誌以上受けたのかな。すごい時、1日で20誌くらい受けた。それだけ注目してもらえているのかなと思いつつ、プレッシャーもあった。でも初めての体験で、楽しかった。そういう時間もあっという間だった」と語った。

 そう語る永瀬について清原は「『永瀬廉』自体が、人を巻き込む力を持っている」と褒め称えると、大学生で起業家の赤目刻弥を演じた神宮寺も「(永瀬は)初主演と思えないくらい堂々としていた。廉が現場入りすると華やかな気分になる」と称賛。永瀬は、2人の言葉を聞いてご満悦だった。

 イベント後半には、本作の見どころシーンをイラストで表すことに。永瀬がフリップのイラストを見せた途端、その個性的なイラストに詰めかけた女性ファンから笑いまじりの悲鳴が巻き起こった。

 共演者らも笑いをこぼし、先ほどの称賛とは打って変わって、神宮寺が「犬、2匹いたっけ?」とツッコミを入れれば、清原も「よく犬って分かったね」と口撃。さらに永瀬が、もう1つのイラストは「パーティーシーンで、神宮寺と花穎がハグしてるシーン」と説明すると、再び笑いと悲鳴が飛び交っていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング