キアヌ・リーヴス主演『ジョン・ウィック』シリーズ、第4弾発動 2021年全米公開

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年5月21日 14時0分

キアヌ・リーヴス主演『ジョン・ウィック』シリーズ第4弾が制作へ(※『ジョン・ウィック:チャプター2』場面写真)(C)AFLO

 現地時間17日に全米公開された俳優キアヌ・リーヴス主演のガンフー・アクション第3弾『ジョン・ウィック:パラベラム』。約5700万ドル(約62億7000万円)の全米週末興収を上げ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』から1位の座を奪うスタートを切った。その勢いに乗り、製作の米ライオンズゲートより第4弾が2021年5月21日(現地時間)より全米公開予定であることが発表されたという。Varietyなどの海外メディアが報じた。 2014年に全米公開された第1弾『ジョン・ウィック』で始まった同シリーズ。裏社会の誰もが恐れる元殺し屋ジョン・ウィックの復讐劇や抗争を描くバイオレンスアクションだ。スタイリッシュでキレのある銃撃&格闘アクションが話題を呼び、2017年に全米公開された第2弾『ジョン・ウィック:チャプター2』は前作を上回るヒットを記録。今回の第3弾は最終的に、シリーズ最高の世界興行収入を上げることが予想されている。

 全米公開予定日以外、第4弾の詳細は不明。第1弾から監督を務めるチャド・スタエルスキや脚本のデレク・コルスタッドなど、おなじみの製作陣が再集結することが見込まれる。キャストに関してはキアヌはもちろん、第2弾に俳優のローレンス・フィッシュバーン、第3弾に女優のハル・ベリーが加わるなど、回を追う毎にスターパワーが増している。

 誰が続投し、誰が新しく加わるのか。続報を楽しみにしたい。『ジョン・ウィック:パラベラム』は今年10月に日本公開が予定されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング